アニメGRANBLUE FANTASY The Animation 第11話「ルリアの想い」です。
前回、ポンメルンから突きつけられた「破壊の道具」という言葉で、自らの殻に閉じこもってしまったルリア。
彼女を助けるべく、謎の女性ロゼッタに促されて、グラン達は「世界から忘れられた島 ルーマシー群島」へ向かいます。
GRANBLUE FANTASY The Animation 5(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 赤井俊文 ]
GRANBLUE FANTASY The Animation 5(完全生産限定版)【Blu-ray】

何度か触れていますが、もうゲームのストーリーとは相当かけ離れているので、ゲームをプレイしているきくうしさまたる私ですら、先がどうなるのか、読めません。

ただ、舞台設定や登場人物などはゲームを踏襲していますので、ある程度の予測はつく場合があります。
今回のお話は、一部そんな感じでしたね。

ロゼッタに促されて向かったルーマシーでは、ルリアの心に働きかける星晶獣がいると言う…。
つまり、ユグドラシルがそういう役目を担っているという事ですね。

(まだ、2期とかでどうなるかは不明なものの)
ゲームでは可愛そうな境遇で苦しんだユグドラシルが、争いなどに巻き込まれないのであれば、それは嬉しい事です。前回(→こちら)ユグドラシルの助けでルリアの心に入ったグランが、ルリアの心を守るジータと対峙し…、なーんて妄想をしていたのですが、さてどうなる?

でも、ごめんなさい。正直、今回は…
vlcsnap-2017-06-11-12h21m06s423
ゆぐゆぐかわいーーーーー!
vlcsnap-2017-06-11-12h22m05s103
これに尽きる!自然、今回はゆぐゆぐ成分多目でお送りする事になる事をお詫びします

それにしても、星晶獣とここまで親しげなロゼッタは、一体何者なのでしょうか?
番組最後に、爆弾発言も残していますが…。我々に聞こえないユグドラシルの声も聞こえているようですし…。

ユグドラシルは眠り続けるルリアを見て、その状態を見抜いたようです。そして、ルリアを心の底から助けたいというグラン達に微笑みかけるユグドラシル。
vlcsnap-2017-06-11-12h23m02s664
グラン達を聖域というか住まいへと誘うユグドラシル…。
vlcsnap-2017-06-11-15h36m48s989
久々のお客様を我が家に招きいれるが如く、ウキウキとしている感じがまた可愛いですね

というか、ユグドラシルって大きさ変えられるんだね…。ゲームのとっぽぶイベ(→こちら)では、ゆぐゆぐにあわせて大きな男になろうとしたエルっちだけど…。
これを知っていたらと思うと、不憫でならない。でも、多分大きいままの方が妄想は捗る(障害物が大きい方が燃える)と思うのでいいか

閑話休題。
ユグドラシルの助けで、ルリアの心に入ろうとするグランに、イオとビィが直した髪飾りを手渡します。みんなの想いが込められたこの髪飾りは、ルリアに届くのでしょうか。
vlcsnap-2017-06-11-16h02m58s360

そして、ユグドラシルに誘われ、ルリアの心の中に入り込むグラン。
果たしてそこにジータちゃんは待っているのか!?

もう一度脱線。
vlcsnap-2017-06-11-12h24m27s421
能力を発動する時のユグドラシルのこの手…。
ゆぐゆぐ
まさに、この手なんですよねー。本当、アニメスタッフさん、こういう所丁寧に作ってくれていますね。こういう、ちょっとした所ですけど、ゲームをプレイしているきくうしさま達にとっては嬉しいと思います。

本題に戻ります。
凍てついた空間に閉じこもるルリアは、グランにその想いを吐露します。
vlcsnap-2017-06-11-14h34m15s227
ルリアは何もかもを壊してしまう。大事なものですら壊してしまう。
せっかくできた大切な人達をも壊してしまいかねない。自分が一緒にいるとまた壊してしまうかもしれない。だからもう自分を壊してしまいたい。二度と大切なものを壊さないために。

そう言ってルリアはグランを拒絶します。

もちろん、この拒絶もルリアの優しさなんですけど、ここまで追い込んだポンメルン憎し、ですねぇ。
頑ななルリアの心に、グランの言葉は届きません。ルリアの想いに絶句してしまったんですね。ここまで苦しんでいたのか…と。どんな言葉をかければいいのか、確かに悩みますよね。

このままではルリアの心から追い出されてしまう…、そこを救ったのが、イオから託された髪飾りでした。
vlcsnap-2017-06-11-14h36m15s703
グランから貰った大切なモノ。でも、壊れてしまった。自分が身につけていたから壊れてしまった。壊されてしまった…。そう思っていたのかもしれません。
でも、ちゃんとそこにある。大切なモノはまだ壊れてない。皆の想いが込められて、ルリアの手元にまた届いた。

そこにグランの言葉が、ようやくルリアの心に届きます。
「君が作ってくれたんだ、僕達の繋がりを」

この辺りの台詞は、グラブルの「君と紡ぐ、空の物語」というキャッチフレーズにも通じるものがあります。

「ボクのミライはこれからキミと一緒に作っていくんだから」
この台詞もイメージソング「キミとボクのミライ」に通じるところがありますね。
[CD] (ゲーム・ミュージック) キミとボクのミライ 〜GRANBLUE FANTASY〜
[CD] (ゲーム・ミュージック) キミとボクのミライ 〜GRANBLUE FANTASY〜

ただ何となく始まってしまった、グランとルリアの旅でしたが、ここでようやく同じミライに向かって進む事ができるようになった気がします。
vlcsnap-2017-06-11-14h40m30s817

そうして、無事に戻ってきたルリアを迎えたカタリナ。
vlcsnap-2017-06-11-14h41m20s914
カタリナのとってルリアは、我が子のようで、妹でもあり、教え子、大切な仲間…、そんなのを超越した存在になっているんですね。

何はともあれ、これで再びグラン達は全員がそろいました。
vlcsnap-2017-06-11-14h41m49s524
我が事のように嬉しそうなユグドラシル。その力をルリアに分け与えます。
このタイミングでは、ルーマシーの空図の欠片はでてきませんでしたが、グラン達を認めたわけなので、きっといつの間にか手に入っているのでしょう。
それとも、島を支配している大いなる力…とは別の力なので、大星晶獣では無いという事で、ルーマシーの欠片は存在しない事になっているのかもしれない…。
むしろ、支配しているのは、ローズクイーンのような気もするしなぁ…。

しかし、そんな平穏をぶち壊したのは、またもやポンメルン。
でも今回は(も?)扱いはザコ。ティアマトの力を借りたルリア(ルリアの願いを聞き届けたティアマト)の力によって、吹き飛ばされてさようなら
vlcsnap-2017-06-11-16h32m04s860
「で~すねぇ~」って…、ギャグか

vlcsnap-2017-06-11-14h44m08s130
ティアマトも小さくなってますね。まぁ星晶獣にとって、大きさというのはさして意味を為さないものなのでしょう。

この世界観において、ルリアは星晶獣を「使役するモノ」ではなく「お願いを聞いてくれる存在」として扱っています。ユグドラシルがルリアに吸収された(全てではなく、一部だろう)のも、力を貸してあげたいと思ったからなのでしょう。
島を腐敗させたリッチも、ルリアの「助けて」という想いに応えて発現しました。1話のバハムートもそうですね。
ゲームでは「召喚石」を経由して呼び出される存在の為、これまでの一般的な「召喚獣」と同等に考えてしまっていた節があります。
しかし、ルリアの場合は彼女の想いに応えて、力を貸してくれているという事なのですね。
では、もう一人同じような力を持つ人形の場合はどうでしょう?後二話で彼女について何らかの進展はあるのでしょうか?

グラン達は、リヴァイアサンとアウギュステを助けるべく、ルーマシーを後にします。
それを見送るロゼッタの衝撃的(?)な一言。
vlcsnap-2017-06-11-14h47m08s180
グランを「素敵な旅路に誘ってくれた人の大切な息子」と呼ぶ…。
ゲーム知らずに見ている方が結構いるようで、この発現を捉えて…。
「え?いくつなの?」
とか
「まさか、お母さん?」
とかの呟きが見られましたね。我々きくうしはストーリーはわからないものの、個々のキャラクターの背景などはほぼ理解しているので、ロゼッタが何者なのかはわかっています。その上で新たなストーリーを楽しんで見ているのですが、全く知らずに見ても楽しめているんだなーというのが伝わってきて、ちょっと嬉しくなりました
(上から目線というわけではなく、共有できた嬉しさというのかな?)

残り二話で、来週はアウギュステでリヴァイアサンとの決戦です。
リヴァイアサンを、苦しみから解放してあげる事はできるのでしょうか?

そして、予想を大きく外し、ジータちゃんも出てきませんでしたが、来週出てくる余地はなさそうですねぇ…。剋目して待ちたいと思います。

ところで、奇数話なのでBlu-ray/DVDではオーディオコメンタリーが付くと思われるのですが…。
前半は間違いなく、ゆぐゆぐの話題で持ちきりになるはず!
ローアイン組がでてくりゃ面白いけど、誰だろ?田中理恵さんあたりかなぁ。これもちょっと楽しみですね


にほんブログ村 アニメブログへ
ブログランキングにほんブログ村