昨日の記事(→コチラ)は本当に雑談だったのですが、ちょいと本腰を入れて色々と研究してみました。
サプチケでフェリを迎え入れた我が光パーティですが、どういう組み合わせで使っていくのが良いか、まだちょっと悩んでいます。

トライアルでは奥義ターンで瞬間1200万というダメージを叩きだしたのですが、あくまでもトライアルでの結果です。実戦ではどうなるのか?という事でAT中にセレスト・マグナを殴ってみました。

カオル光パ
キャラの編成はこの麗しいお三方。武器は昨日の記事でも紹介しましたが、こんな感じ。
光武器
(ジョブがベルセルク時なので予測ダメージが7500程多くなってます)

さて、さっそくセレマグさんと戦ってみましたよ。

動画中では説明省略していますが、ヒン・リヒテン等、バフデバフの準備とルシフェルの召喚(攻撃UP)が終ったら、最後にソーンの2アビを使っています。
麻痺った場合の秒数確保という目的もあるのですが、睡眠が入った場合、攻撃アビや召喚で起こしてしまうのが勿体無い。
睡眠中に通常攻撃すれば、そのターン終るまで起きないし、ダメージも上昇します。
動画でも睡眠が入っているので、初回の攻撃だけダメージが大きくなっています。
(2回目が210万なのに対し、初回が280万)
ソーンの2アビを使う場合には、常に気をつけているところです。

さて、動画の最後でも触れていますが、クラリスの2アビ「フォトリシス」の使いどころを誤っていました。
フォトリシスの効果は、敵の光属性防御ダウンです。効果時間は180秒ですので、これを開幕で使わない意味がわかりません

フォトリシスは特殊バフ「存在崩壊」がある場合には1消費して、闇属性攻撃ダウンを敵に付与します。一方、肝である1アビ「ディスラプト・パワー」は存在崩壊を2消費して、奥義ダメージ・奥義ダメージ上限をアップします。そして、戦闘開始時には存在崩壊が3付与された状態なのですが、回復手段は奥義使用時のみで、2しか回復しません。
従って存在崩壊が2の状態でフォトリシスを使うと、残り1となりディスラプト・パワーが使えない状態になってしまいます。(フォトリシスは存在崩壊が無ければ光防御ダウン付与のみ発動する)
と言う事もあって、日頃「1アビ→2アビ」の順番に使う癖がついていたのですが、開幕では存在崩壊が3付与されているので気にしなくて良いのでした。いや、言い訳です

というわけで、トライアルでフォトリシスを開幕で使ってみたところ…、ダメージが1.5倍以上になりました
動画では、280万(クリティカルや睡眠効果)+210万+250万(クリティカル)+240万(黄龍刀スキル効果)でトータル980万でした。
トライアルで試して見た所では、500万(睡眠効果?)+333万+328万+320万でトータル1480万になりましたこれは開幕に使わなければ損ですね!

もっとも、これはソロで戦っての話ですから、他の人がデバフを入れてくれている場合には関係ない話ではあるのですけども。


実は、これだけダメージが増えるとセレマグにおいてはやや考慮すべき事項があります。
セレマグはHPが約2400万という事のようです。つまり、4ターンで1200万超えるダメージを与えると、アンデッドを付与する特殊技(オーバード・イネインでしたっけ?)を使って来ます。

HP75%を越えると、今度はヴォイド・オール(全体回復)を使って来ます。
以前はアンデッドが付与された状態でヴォイド・オールを喰らうと、HP100%分のダメージを喰らって即死してしまいましたが、現状では上限が5000になっているので、即死こそしませんが、腐敗ダメージとあわせると、6~7000のダメージにはなります。オーバード・イネインのダメージをそのままにしてくらうと、やはり死亡してしまいそうですね。

通常攻撃ターンが終了し、HPが50%を切った状態でアンデッドを貰い、その状態で奥義を撃って、無事削りきれれば良いのですが、ダメだった場合には壊滅の危機に陥りそうです。まぁほとんど麻痺が入ってくれるでしょうし、全滅はしないでしょうから倒しきる事も可能ではあるのですが、スマートではありませんね

実は現状、最初のソーン2アビで睡眠か麻痺が入らないと、4ターン目でオーバード・イネインを使って来ます(1ターンスロウで回復しているため)。丁度そこでクリアオールを使うフェーズなので問題ないと言えば無いのですが…、やはりスマートではありません

そこで、睡眠か麻痺が入らなかった場合には、通常攻撃を4ターンではなく3ターンで終え、奥義に切り替えてしまうという方法もありますね。
計算ではトータルで1800万削れれば、オーバード・イネインゾーンを越えて、一気にヴォイド・オールまで持っていけるはずです。開幕にクラリス2アビを使っていれば、達成十分に可能な値です。
まぁレイジの代わりにグラビティを持っていくか、ダクフェにクリアオールを持っていく事でも回避はできるのですけどね…。

実際には、(自分の環境では)死ぬことも無いでしょうし、細かい事は気にせずにやってしまうのでしょうけど、こういう事を考えておくと、他の戦闘で応用できる事もあったりしますので、考えておく癖をつけるのは良い事だと思ってます。

これまではセレマグにはドラムマスターを使っていました。ほぼ麻痺頼みではありましたが、麻痺さえ入れば、ほぼ危なげなく戦えたので良かったのですが…。
フェリを入れて、序盤通常攻撃で戦うとなると、ドラムマスターの奥義威力は確かに凄いのですが、奥義撃った後の「熱気」効果の恩恵が全く得られないという状況になってしまいました。
ソーンの奥義後のクリティカルアップと、この熱気効果は非常に相性が良く、開幕で奥義を使った後、熱気効果+クリティカルでガシガシ削ってくれたのですが、序盤に通常攻撃で削ると、熱気の出番がありません。それはどうにも勿体無い。もう少しHPが多い相手なら有効かな?とも思いますが、その場合回復手段など、別に欲しくなるなどまた別の問題がでてきそうです。チェインボーナスの上限突破は大きなメリットですが、主人公奥義ダメージも大きく減る事になり(100万以上減る)、トータルで考えるとマイナスになっちゃいそうですしね。フェリの2アビとドラムマスターの1アビが一部(ダメージ上限突破)被るというのもマイナスポイントです。ベルセルクの1アビも同様ですね。
という事で、今後セレマグはカオルで対応という事に落ち着きそうです。

さて、セレマグでは確かにクラリス&フェリは有用でした。セレマグHLでも途中の麻痺無効区間(船状態)では、フェリで殴るのも有効だと実感しました。
オリヴィエではHPが多すぎて、奥義温存してたらいつまでたっても削れないし、麻痺温存して後半に延長成功したとしても、結局削りきれないしでどうなんでしょうね?という感じでした。
(もっとも、そこまで頑張ってソロでやるようなコンテンツでも無い)
つよバハでは非常に有用(むしろクラリスは意味が無いのでルシオの方がいい)ではありますが、もうバハ武器も5本フツルス化してしまったので行く意味が無くなっちゃいました

とは言え、まだオリヴィエHLとかリッチとかアヌビスとか(アルバハも)挑戦していないコンテンツも多いので、次のステップに進んでもいいのかな?と思っていたりします。
どんな組み合わせがいいのか、そういう事を考えながらパーティ編成を考えるのは楽しいですね

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村