年末、声優さん達のおめでたい話が、立て続けに飛び込んできましたね。

あさぽんこと下田麻美さん。

そして、画伯こと、小林ゆうさん。


下田麻美さんを初めて知ったのは、声優としてではありませんでしたね…。
セガのバーチャファイター(4の終りか5の頃)は、ゲームセンター内に独自のモニターがゲームの対戦履歴や、各種情報を流す為に設置されていました。(バーチャTVと呼ばれていた奴)
その中で「バーチャファイター情報局」というミニ番組があり、その二代目アシスタントとして、下田麻美さんが登場しました。
番組内で様々な企画に挑戦したり、バーチャファイターのイベントで各地に行ったりと、精力的に活躍されていました。現在のMC力はその頃に鍛えられたのではないでしょうか。

声優さんとして、アニメでその声を聞いたのは、ISのふぁん鈴音りんいんでした。
凰鈴音
その後、鏡音リン・レンやアイマスの双海ふたみ亜美・真美をようやく耳にし、いくつかのアニメを経て現在に至る感じですね。ただ、推しの井上麻里奈と仲がいい(ラジオで一緒とか、ISで共演とかが関係しているのでしょうか)ので、両者のツィッターなどではお互いに頻繁に登場してきており、アニメより実際の顔を拝見する機会の方が多い印象ですね。
BfuZYFCCIAExief
それを見るにつけ、ここ数年一気に綺麗になったなーと思っていたのですが、いや実にめでたいですね。

さて、画伯こと小林ゆうさんを知ったのも、実はアニメではなくとある番組でゲストに登場して、そこで描いた絵を見たのがスタートです

何故画伯と呼ばれているのか、ご存知無い方もいるかもしれませんが、ツイッターのアイコンを見ていただければ一目瞭然でしょう。
041fde8861ef7e0ee5b55f429b8d44c5_400x400
これなんだろ?自画像?

確かその時は、ペンギンかなんかを描いたんじゃなかったかと思うんですが、まぁそのインパクトたるや、上の画像を見た方なら想像して頂けるかと思います

見た目は凄く綺麗な女性なんですけど、ちょっと喋りだすとヤバい印象が拭えませんが、あれが素なのか演出なのかは未だ持ってわかりません

さて、アニメでは数々のキーマンを演じています。先日原作が最終回だった「電気街の本屋さん」のエロ本Gメンや、Classroom☆Crisisのアンジェリーナこと花子、進撃のサシャ、閃乱カグラの葛城など、印象深いキャラクターの声を担当されています。声に特徴がありますからすぐわかりますよね。存在感が大きいと思います。

最近では、私がモテてどうすんだの主役(ヒロイン)を演じていましたが、まぁちょっと自分的にはあっているようには思えませんでした。一方で、昭和元禄落語心中の小夏は凄くいい感じでした。

まりほりの鞠也とか、シュタゲのるか子とか中性的な役も似合いますね。
今後も、あのキャラクターのままなのか、結婚して中和されていくのかは不明ですが、是非幸せになって頂きたい。

来年もおめでたい話が続くといいですね。

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
ブログランキングにほんブログ村