バアルと言えば「魔神」と連想してしまうのは、メガテンの影響でしょうか。
でも、グラブルのバアルはもっともっと人間に近い存在のようです。
先日のイベント「星の獣の共鳴(レゾナンス)」にも登場したバアルが、プレイアブルキャラクターとして追加されました。まぁクエの中で操作する側(右側)に登場していた時点で、時間の問題だろうとは思っていましたが、土有利古戦場の直前に追加という事になりました。

運よく自分も加入させる事ができましたので、使い勝手などを含め、いくつか確認した事などをご報告したいと思います。
なお、アビリティの詳細などについては、公式サイト(→コチラ)をご参照ください。
まず、奥義とアビリティ構成を見てみようと思います。以下はLv80時のアビリティです。
バアルLv80
奥義「ラウダー・レゾナンス」は、追加効果としてチェインバーストの性能UPというものがついています。
以下にフルチェイン時のチェインバーストのダメージを比較してみます。
vlcsnap-2019-05-18-19h31m52s153
こちらがバアルがいない状態のフルチェインです。
vlcsnap-2019-05-18-19h31m25s57
そして、こちらがバアルを編成した状態のチェインバーストのダメージです。18万くらい(10%くらい?)増加しているようです。
2チェインの場合、116万が128万に、3チェインの場合は144万が158万にそれぞれ増えていました。(概ね10%の増加ですね)
基本、どんだけ奥義の上限が増加しても、チェインバーストのダメージは増加しません。いくつかの召喚効果や武器スキルなどで増加もしますが、こうして奥義効果で増加するというのは有り難い効果だと思います。

次は「アダドの境界」です。初期の再使用間隔は6ターンですが、Lv55で5ターンに短縮されます。
効果は敵全体への土ダメージと、累積の攻防ダウンです。効果量については不明です。
公式サイトによると、4回で最大値になるとの事。そして、このアビは特殊バフ「共鳴増幅Lv3」時に2回発動します。(ダメージも2回分)
1回、50万くらいのダメージですので、Lv3になれば100万の全体ダメージという事になります。

「共鳴増幅」は、チェインバーストをするごとに1ずつ増加します。フルチェインである必要は無く、2チェインでも増加するので、二人以上で奥義を撃てる状況になったら、さっさと撃ってしまうのが良いように思います。
前述の通り、バアルがチェインに含まれる事で、チェインバーストのダメージも10%増加しますし、ある程度育っていれば、2チェインでも3チェインでも100万以上の追加ダメージになりますから、損にはなりません。むしろ、後述のサポアビの効果で頻繁に強化される分、トータルのダメージは増加すると考えられます。
Lv3でアダドの境界を使えば2回分の攻防ダウンですから、天司などの通常防御ダウンが入らない敵であっても、活躍できるのでは無いでしょうか。

2アビは「セッション」です。バアルの特徴的なアビリティだと思います。
水着グレアや闇ユーステスなどで採用されている、対になる味方を選択し、同じ強化効果を得られるというアビリティです。効果ターン数は5で、初期の再使用間隔は6なのですが、Lv75で5ターンに短縮されますので、バアルに関しては途切れなくずっと強化の恩恵を受ける事になります。
強化の内容は、次の4種類です。
・連続攻撃確率UP
・追撃(20%くらいのようです)
・防御UP(公式サイトによると、ダメージが半分程度になるとの事)
・敵対心UP
敵対心UPを強化と考えるか、弱体と考えるかは微妙な所ですが、例えばカウンター狙いの場合には有用では無いでしょうか。
これら強化とは別に、奥義時にセッション中の味方と自分を回復する効果もあるので、例えばサラーサの2アビ(カウンター3回)を使った後など、グラゼロでHPも減っているでしょうから有用な気がします。バリアもダメージ半減なら長持ちしそうですし。

連続攻撃確率がどの程度かにもよるのですが(DA以上が確定している感触です)、味方の状況に応じてセッション決める相手を選択し、自身は常にDAで奥義ゲージを稼ぎつつ、共鳴増幅と奥義追加効果を重ねていくという戦い方がスタンダードな感じがします。

3アビ「ナッシュビル」は、3回ランダム単体攻撃(トータルで50万くらい)と、調律というデバフ(マルチのバアル戦で使ってくる奴ですね)付与、そしていわゆる「ディスペル」効果です。しかも、効果対象は敵全体です。リヴァHLやネプチューンなどは複数敵ですから、全体ディスペルは嬉しい場合もありそうですね。玄武…は上下にキツいバフがついたりしたかな…。

再使用間隔が7ターンとやや長いので、どの目的で使うかによって、考える必要はありそうです。ただ、デバフやダメージもあるので、ディスペルがいらない敵であっても腐らないという事は嬉しいですね。

バアルサポアビ
続いてサポアビを見て行きます。
1つ目の「ツイン・リード」は、2アビ「セッション」中に受ける強化効果の内容です。

2つ目の「共鳴増幅」は、チェインバースト時に発生するボーナスです。
Lv1で「ストレングス」(2ターン)の効果
Lv2でプラス「奥義ダメージUP」(次の1回)効果(上限UPでは無い)
Lv3でさらにプラス「ガード」(2ターン)の効果
以上のような効果になります。
CB3回目効果
効果ターン数は少ないのですが、前述の通りチェインバーストが発生する度にこのサポアビの効果が発揮されます。なのでうまくチェインバーストを連続させていけば、長いターン数ストレングス効果やガード効果を維持でき、さらに奥義自体のダメージも増加するという戦い方ができます。
最終解放サラーサの4アビは、4ターンの間毎ターン奥義ゲージがMaxになります。他にも、リミテッドオイゲンや、ラスティナ、アレーティアなど、いわゆるウェポンバースト持ちのキャラは、土属性には結構多くいます。オクトーのアシストなどを巧く使っていく事で、2~3CBを続けていく事も可能だろうと思います。
ちなみに、奥義連発になれば、それだけ硬化時間は長くなりますので、マルチでは出遅れる場合もあります。その辺りの立ち回りには工夫が必要だろうと思います。

リミットアビリティも見ておきましょう。
バアルLB
デバフが、1アビ、3アビとありますので、弱体成功率をどうするか考えたいところです。これらのデバフをあてにするのであれば、積極的に取るのがいいでしょう。
自分の編成では、他と得意武器があっていない(他は剣、バアルは楽器と斧)為、バアルのみダメージがかなり低い状況になっています。ですので、奥義ダメージや攻撃UP系を中心として振ろうかと考えています。ただ、クリティカルはいくつか振っておきたい…。
虚空武器でも、斧や楽器と揃えるのは難しいように思うので、この辺りちょっと課題(自分的にですが)な気がしています。

バアル自体では無いのですが、解放武器のマイムールクローズの奥義追加効果も調べてみました。
バアル槍
属性防御ダウンを追加で付与しますが、この効果量について調べてみました。
ソング・トゥ・ザ・デッド(20%ダウン)で一方的に上書き(逆だとNO EFFECT)になり、最終アニラの1アビで付与される土属性防御ダウン(10%ダウン)を一方的に上書きする事を確認しました。
という事で、11~19%の間。基本5%刻みですので恐らく15%ダウンという事になるでしょう。バアル1アビでも同程度でしょうかね。10%程度まで下がるようなら、後ミストがあれば下限に届きます。属性と累積で、ミストやアマブレなどのデバフとは共存できますので、うまく使ってアビ枠を一つ空ける事もできそうですね。
なお、バアルのアビ解放フェイトを終える事で、最終解放が可能となり、Lv120で土属性キャラの水ダメージ軽減が追加になります。良くある「メイン装備じ主人公のみ」では無いので、サブ編成にしても有効ですね。

最後に、奥義エフェクトを紹介します。まだレベル上げる前なので、ダメージは気にしないでください
明日から土有利古戦場がスタートします。肉集めにはバアルくん出番は無さそうなのですが、HELLのヴァルナ戦では活躍できるでしょうか。ヴァルナさん、腐敗とかデバフをつかってきそうなので、ブローディアさん辺りが有効そうなのですが、変なバフをつけてくる可能性もありますので、3アビが活きてくる可能性もあります。腐敗とか使ってくるなら、楽器持ちという事で、エリュシオンで解放の歌声(腐敗などのダメージを回復にする)を使ってみるのも面白いかもしれません。せっかくなので上手く使えるといいのになーと思っています

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村