まず最初に告解…。
今までずっと「アーカルムの『転生』」だと思っていましたが、正しくは「アーカルムの『転世』」でした
なんともまぁ恥ずかしい。という事で、最終回にしてようやくタイトルを正しい表記にてお送りします。元々の記事の名称は…どうしよう。カテゴリ名は直す予定です。

本題に入ります。

3月にアーカルム召喚石「ザ・スター」の5凸を完了させ(→コチラ)、そこから約3ヶ月。とうとうこの日がやってきました
ガイゼンボーガ加入
とうとう成し遂げました!ようこそガイゼンボーガさん!これから頼りにしますねっ!
アーカルム賢者の一人ガイゼンボーガさんを加入させる為には、いくつかのハードルがあります。これまでの記事をご覧頂くのが一番手っ取り早いのですが(カテゴリ一覧→コチラ)、その条件をまとめてみます。

1. アーカルム召喚石の5凸化
まず、加入させたい賢者に対応するアーカルム召喚石を5凸化する必要があります。まず4凸までには大量のセフィラストーンと、対応する「~精のアストラ」、「~のイデア」や各種アーカルムトレジャーが必要になります。また4凸時には対応する属性のマグナ2マグナアニマが10個必要です。
そして、5凸にはジェネシス・フラグメントや、バハムートの紫電角、ナル・グランデトレジャーなどが必要です。これらを集めきって、5凸が完了すると賢者加入のフェイトエピソードが解放されます。

2. アーカルム召喚石のカード入手
解放されたフェイトを開始するには、トリガーとなるトレジャーが必要です。そのトレジャーはショップの「アーカルムの契約者」というカテゴリから入手できます。
ザ・スターのカード入手可能
ここで、対応する召喚石のカードを交換するのですが、ネックになるのは2つ。一つは現在入手方法が、4万アーカルムポイントとの交換か、古戦場の勲章500個と交換で手に入れるしかない「セフィラ玉髄」というトレジャーです。古戦場ごとに在庫は追加されますが、交換に勲章500個を要求されるため、中々手に入らないと思われます。アーカルムポイントでの交換も、現在1個までとなっていますので、こちらも在庫が追加にならない限り入手機会がありません。また、できれば4万ポイントも交換で使いたくないものです。
というのも、もう一つのネック「~精のアストラ」が200個要求されているというところです。属性によっては目的のアストラを集めるついでに集まっていくとは思われ、徐々に交換は不要になっていくとは思うのですが、光と闇のアストラは非常に入手機会が限定的であり、交換に頼らないといけませんでした。4万ポイントあれば26個も交換できますし…。在庫も限られているので、勲章での交換をまずは検討した方がよいだろうと思います。
(2019/09/19追記)
現在は各種アストラ、セフィラストーンの入手機会が記事作成当時に比べるとかなり増えています。
光と闇精のアストラはそれでもやはり少なめですが、ポイント交換に頼らずとも溜まっている場合もあるかもしれません。
アーカルムポイントの交換先は、それも踏まえて検討するのが良いと思います。
(追記ここまで)

この二つのネックを乗り越えて、カードが入手できたなら、次はフェイトです。

3. 加入フェイトをクリア
ガイゼンボーガ加入フェイト開始
えー、ぶっちゃけていいますと。読むだけです。もはや辛い事は何一つありません。ここまでの苦労を噛み締め、じっくりとフェイトエピソードを読んでいくといいと思います。まだ一人しか解放できておりませんが、ガイゼンボーガさんは救われた感じがしました。
また、フェイトエピソードをみるにつけ、今後の展開を匂わせるような話題…というか敵の姿も見えてきました。サンダルフォンの話が完結し、当面周年での主題はジオとゾーイに関係する調停者の話になると予想しています。アーカルムのエピソードはさらにその先の話としてでてきそうな気がしています。あるいは、賢者の最終解放とかに関連するのかな?いずれにしても、最終的な決着はかなり先な気がします。

ここでアーカルムの賢者は加入完了です
ガイゼンボーガ
お疲れ様でした!

とはならないのが、アーカルムの恐ろしいところですね

4. 賢者のLv解放を進める
加入したキャラはSSRですが、当然Lvキャップが設定されているのでキャップ解放をしていかなければなりません。
ガイゼンボーガ1凸
まず1凸。まぁ問題無いですね。これでLv50まで解放されました。
ガイゼンボーガ2凸
2凸目。う…、さっそく光精のアストラが1個要求されています。そう、解放には「~精のアストラ」が必要になるのです。まぁ1個なら…。
ガイゼンボーガ3凸
3凸目。光精のアストラ2個に加え、星のイデアも1つ要求されました。でもイデアは余ってるので問題無し。
ガイゼンボーガ3凸完
これでLv70まで解放されました。残りは1つ!
ガイゼンボーガ4凸
4凸目。光精のアストラ3個にオーロラヘイズ3個、星のイデアが1個です。ヴィルム文書も要求されていますが、まぁこれが足りないという事は無いでしょう。やっぱりネックは「~精のアストラ」ですね

今回は、丁度コラボイベでアーカルムポイントが手に入った(トータル3万ポイント)という事もあって助かったのですが、カードと解放あわせて206個必要になるという事は抑えておいたほうが良いですね。ただ、正直10個単位で要求されると思っていたので、トータルで6個という事に安堵しました

さて、これで加入からLv解放までの全ての条件を紹介しました。後は実際にレベルを上げて使っていくだけです。詳細はいずれしようと思いますが、簡単に性能を見てみます。
ガイゼンボーガアビ
アビリティは3つ。他のSSRキャラとは異なり、Lv1状態で3つ全てのアビリティを使用する事ができます。Lv45になっても特にフェイトなどが解放される事はありません。Lv55、Lv75で1、2アビの更新(どちらも再使用間隔が1ターン短縮でした)されるのは変わりません。

1アビの連打は17発(タロットカードでザ・スターは「XVII」の数字が割り振られているから?)の連打です。鉄腕Lvの影響度などはまた追って確認したいところです。
2アビは「全体かばう」です。光ヴィーラ(シュヴァリエ)やペコリーヌと同様ですね。
全体無属性とかもかばえるのか?などについても、また確認したい所ですね。

3アビは特徴的なアビリティです。効果中は「死なない」というとんでもないアビリティです。
ガイゼンボーガ不落の孤城
使用すると5ターンの「不落の孤城」というバフが付与されます。致死ダメージでもHP1で耐えるとの事ですが、例えばアルバハの無属性シリウスなどを一身に受けた場合などはどうなるんでしょうか。これも確認したい所ですが、中々確認する機会が難しいですね
また、回復や強化を受けると効果時間が延長されますが、「回復アビ」や「強化アビ」で「1ターンずつ延長」されます。別のアビや奥義などの追加効果で強化や回復されても延長されません。あくまでも、アビリティ使用した場合にのみ延長されます。レヴィオン三姉妹が3ターン回復と強化があるので、相性いいかもしれませんね。

ガイゼンボーガサポアビ
サポアビは複数あります。1つ目はクビラとかウーフみたいな感じではありますが、3個目のサポアビと組み合わせると、そこまで気にする必要は無いかもしれません。鉄腕Lv(Max3)での変化も確認しておきたいところですね。

アーカルムの賢者はどれも「逆位置」と「正位置」の二つのサポートアビリティを持っています。
「逆位置」はサブメンバーに配置されている時に発動するもの。「正位置」はフロントメンバーが戦闘不能になり、サブ配置からメインに「初めて」登場した際に「一度だけ」発動するものです。(最初からメインにいる場合には発動しないし、アビで位置を入れ替えても発動しません。発動後に再度サブに回り、もう一度誰かが戦闘不能になって登場しても発動しません。)

「戦車の正位置」は、登場した後天来効果中は必ずクアドラプルアタック(4連撃)とカウンター(被ダメージ時)1回が発動するという、特殊バフ「傾星の鎧拳」が付与されます。
vlcsnap-2019-06-15-22h30m43s220
カッコイイ登場です
不落の孤城
「天来」は、召喚石ザ・スターの召喚効果(3ターン)や、ガイゼンボーガ自身の奥義追加効果(奥義発動ターンを除き3ターン)で付与されます。以前は天来効果中は防御力が半分くらいになり、被ダメージが倍になっていたのですが、先日調整されて半分ではなく25%ダウンくらいになったので、もう少し気軽に使えるようになりました。
QAが発動すると奥義ゲージは35%増加します。一度奥義を発動すると3ターンでまたゲージが溜まるため、奥義⇒QA×3ターン⇒奥義⇒…という数珠繋ぎ攻撃が炸裂しますね。案外ソルジャーとかと相性がいいような気がします。

「星の逆位置」は、とにかく闇ダメージの最大が1万になるという素晴らしい効果です。
何が素晴らしいって、バハムートの「大いなる破局」などの極大闇ダメージも、最大で1万になるという事です。同じようなものに、つよバハの大いなる破局、アルバハの完全なる破局、アバターのアークエネミーなどがありますが、これらが全て1万になる…らしいです
早めに試してみたいですね。一度よわバハをソロで殴ってみようかな。
ただ、以前TLで見かけた情報によると、1発あたりのダメージが1万を上限という事で、アバターのドゥーム・デイなど多段ダメージの総合計が1万以内に収まる…というわけでは無いそうです。1発の上限が1万以下の場合、3発の技ならやっぱり3万のダメージになるという事ですね。多段技をかばうなんかで集めた場合、合計が数万になる場合は普通に戦闘不能になっちゃいますね
(まぁ、逆にそれを利用してガイゼンボーガさんをフロントに呼び出すというのはありですけれど)

まだ、細かい確認などはとれていないので、強さを実感できるのはもう少し時間がかかりそうですが、せっかく取ったので、色々と試してみたいと思います。
アルバハは、最初フロントにおいてパースコントロールを2アビで受けてサブに入ってもらい、その後はサブでダメージ抑えるのに貢献してもらうって感じを想定しているけれど、そんな感じでいいのだろうか…、要検討ですね。

さて、これでアーカルム召喚石を求める旅は大団円を迎えました。ここまでお付き合いくださった方、まことにありがとうございます。

が…、アーカルムの賢者はまだ残り9人もいます
現状、ザ・サンとジャッジメントの各召喚石が5凸を終え、賢者加入にリーチとなっています。他にもデスはSSR化、ザ・ムーンはSR3凸、ザ・ハングドマンはSR2凸。その他はまだ未取得であり、全てをそろえるのはまだまだ時間がかかりそうです。

この先もアーカルムの賢者加入を目指して、日々アーカルム周回に勤しみたいと思います

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村