そりゃ、ティアマトやゆぐゆぐがプレイアブルされてるし、他の召喚石もプレイアブル化されている以上、コロッサスだって不思議じゃ無かったとは言え…、さすがに唐突すぎやしませんかね

ってぐらい、驚いた新キャラとしてのコロッサス(と光サラちゃん9歳)です。
先日ぶん回したせいで、手持ちの石も無く、10連爆死したので今回はあくまでも妄想です
どうぞ、ご了承ください。
まずは、気になるアビ構成です。
コロアビ
奥義ゲージがMax200で、奥義が200の時でないと発動できないのですね。奥義発動に条件があるのは、ロボミも同じですね(エネルギーが3以上の時のみ発動承認)。
ダメージが他のキャラ(特大)よりも高い(極大)というのも、ロボミと同じですね。いかにゲージを早く溜めるかが勝負になりそうですが、4人目に配置したりアニラやツバサくんと一緒に使ったり、無銘金重(奥義で味方全体の奥義ゲージ10%UP)の効果なんかで、ATなら案外開幕で使えそうな気がしています。妄想ついでにちょっと試してみました

今回の本題であるアーカルム賢者とのシナジーについては、もう少し後ろにあるので、そちらに興味のある方は、このあたりをすっ飛ばしていただけたらと思います
火属性でゲージMax200のキャラが他にいなかったので、他の属性からサーヴァンツを代役にしたててみました。サーヴァンツもゲージMax時(1アビのバフは必要ですが)、強力な奥義ダメージを使うので似ていますね(ま、属性違うので動画ではダメージでてませんけど…)

ATを想定してゲージ100%の状態でスタートしています。
アニラ3アビで奥義ゲージ上昇量が50%UP(普段10上がるのが15に、30なら45)させた状態で、ツバサの2アビ(CTを1増加させ、味方全体のゲージを30%増加)で全員+45UPさせます。
この段階で、メイドッサスはゲージが145になります。クリュサオルはデュアルアーツを発動させ、奥義を二回発動させるようにします。
奥義が、ジータ×2、アニラ、ツバサと4回発動し、1回につき+15になるのでトータルで+60。元々の145とあわせて205となり、見事奥義発動条件クリアです!
(動画は、合体奥義発動にする為、1アビを使っているので、実際より+10多くなっています)

これなら…、ひょっとすると剣豪(無銘金重)と黄龍を使ったらATじゃなくともできないか?と妄想はさらに続きます。
試してみました
ジョブ専用武器「無銘金重」を持たせた剣豪で挑戦です。
無銘金重
無銘金重の特徴は、奥義発動時に味方全体の奥義ゲージを+10する事です。これにより、大きくゲージを獲得する事が可能です。ツイート本文にもありますが、黄龍を片面にする事により基礎のゲージは60%からスタートします。
一つ目の例と同様、アニラとツバサのアビ効果で+45、ジータ剣豪がTAを出さないと、奥義3連にはなりませんが、なった場合は奥義追加効果で+45、ジータからツバサまで奥義5回発動で+75になるため、トータルで225%となり4人目のコロッサスは無事奥義発動という事になります
片面黄龍をやめると、195%になってしまいギリギリ届きません…の前に奥義3連ができないので、全然足りません(165%止まりになる)

他に3人目に配置してザ・サンを召喚して…とか、色々妄想してみましたが、一番手っ取り早そうなのは、ATにメカニックでエナジーマニューバを使う事でした

まぁでも開幕(付近)でコロッサスの奥義を使う事は十分可能な事が判りました。
そして、ようやくここで本題です。

コロッサスのサポートアビリティを見てみます。
コロサポアビ
毎ターン「ヒートLV」という特殊バフが1ずつ増加(最大5)されていき、このヒートLvが5の時3アビの「スタンバイモード」が使用可能になります。
スタンバイモードは奥義ゲージ200%UPになるので、アビリティ封印さえ受けていなければこのターンで必ず奥義を発動させる事ができます。そしてそのターン終了時には戦闘不能になります。

この「戦闘不能になる」というのが、本題の「アーカルム賢者」とのシナジーです。
私はまだ火属性の賢者を所持していないので、光属性のガイゼンボーガさんを例に説明します。
ガイゼンボーガサポアビ
ガイゼンボーガさんの特徴の一つである「クアドラプルアタック(4連撃)」は、この「戦車の正位置」というサポートアビリティの効果によるものです。これ以外でQAが発動する事はありません。ここの注釈にある「バトル登場時」というのは、全てのアーカルム賢者に共通するものです。
カッツェアビ2
こちらは、カッツェリーラのサポアビです。「皇帝の正位置」にもガイゼンボーガさんと同様、「バトル登場時」という注釈があるのがお分かりかと思います。

この「バトル登場時」ですが、サブメンバーに配置されていた状態のキャラが、フロントに呼び出された場合…ではあるのですが、それはフロントメンバーが「戦闘不能になった場合」のみ発動するようになっています。
例えば、ハウンドドッグなどのポジションチェンジ、タクティクスコマンドなどでの入れ替えや、アルバハのパースコントロール、ウリエルなどの吹き飛ばし、シルヴァのポジションチェンジ系アビなどで賢者がフロントにでてきた場合には、この効果は発動しません。
vlcsnap-2019-06-15-22h30m43s220
従って、賢者をフロントに呼び出し、「狙って」強力なスキルを発動させる為には、あえて誰かを戦闘不能にする必要があります。
例えば、闇属性であればデスの召喚効果が、4人目に配置された闇キャラを戦闘不能にするというものですから、ニーアとはそもそもシナジー効果が高いと言えます。
光にはペコリーヌや光ヴィーラなどの全体かばう持ちがいますので、強大なダメージを一身に引き受けてもらい、あえて回復しない…とか。
土も先日シーズナルで登場した水着ブローディアが全体かばう(しかも複数ターン)持ちです。他にもかばうなどで生贄にする事も可能ではありますが、相手の特殊技次第だったりしてうまく狙えない可能性が高いです。(そもそも、かばう+ガッツとか回避とかでかばったキャラが即死しないケースが多い)

そこからすると、このコロッサスの場合は狙ったタイミング(5ターン目以降ではありますが)で、戦闘不能にする事が可能です。戦闘不能になれば、サブに配置したアラナンやフラウを呼び出し、正位置のアビリティの恩恵を受ける事が可能になります。

アラナンとフラウの正位置のアビリティを調べてみました。以下は十賢者紹介時の公式ページの記事です。


まず、アラナンの「教皇の正位置」です。
アラナン正位置
アラナンは1アビで展開されるフィールドに特徴がありますが、その代償として防御力がダウンしてしまいます。他にも3アビで毎ターンダメージを負ってしまうなどがありますが、正位置の効果が発動すればこの代償が帳消しになるようですね。

次に、フラウの「力の正位置」です。
フラウ正位置
フラウはアビリティ3つが全て攻撃(ダメージ)アビリティのようです。それぞれ結構美味しい追加効果を持っていますね。弱体効果ターン(ターン制デバフ)の延長や、ディスペルにHP回復、クリアなどがそれぞれのアビについています。それら全てが、ダメージと共に2回ずつ発生するようになります。結構強力そうですね。

コロッサスを生贄にする事で、これらの「正位置」効果を好きなタイミング(5ターン目以降)に呼び出せるという事です。短期戦では意味がありませんが、そもそも十賢者が活躍しそうなのは、中長期戦のように思いますので、これは結構嬉しい効果なのでは無いでしょうか。

勿論、誰一人として落ちないように戦うのがベストではありますが、前半は力押しで進め、中盤から(から)め手で挑む…などの戦術の幅が得られるのでは無いでしょうか。

さて、長々と妄想を垂れ流してしまい、申し訳ありませんでした。
結局の所、コロッサスも火属性のアーカルム賢者も所持していないので、本当に単なる妄想でしかありません。でも、持っていると何となく楽しそうな戦い方ができそうです。

現状、三人目の賢者としてニーア取得を目指している最中ですが、アラナンもフラウも欲しくなってきました
まぁコロッサスいないから関係ないですけど

どちらも所持されている方、一度組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村