ニーアが加入して色々と遊んでいるのですが、攻略WiKiのニーアのサポアビ「愛ヲノゾム意思」の説明にこんなのが書いてありました。
ニーアWiKi
(グラブル攻略WiKi→コチラ)

愛ノ救イLvが0になった以外で戦闘不能になると「残執」というデバフが、敵味方共に付与されてしまいます。
残執
かなりキツいペナルティなのですが、それを逆手に取ってデメリットをメリットに変えてしまおうという趣旨の記述です。面白そうだったので、実際に取り入れてどんな感じになるのか、試してみました。
まず「残執」という特殊デバフがどのようなものか見てみます。
ニーアが愛ノ救イLv0以外で戦闘不能になると、付与されます。
残執自分
画像の一番下のアイコンが「残執」です。4ターンの間、防御力と連続攻撃確率が減少し、HPが回復しなくなります。この回復はアビによる回復だけでなく、再生や吸収など一切の回復が行われなくなるというものです。

残執は同時に敵にも付与されます。
残執敵
「◆アイコン」でわかるように、自分のパーティにのみ影響のある、ターン制デバフです。自分と同様4ターンの間効果があります。
WiKiによると、この防御ダウンは50%とのこと。つまりこれ一回で、防御下限まで一気に下げる事が可能になるという事です。なのでミゼラブルミストやアーマーブレイクなどのアビや、レディ・グレイなどの防御ダウン系のデバフアビを持つキャラを編成しなくても良いという事になります。

ただ、自分にも防御ダウンがかかっているという事は、ダメージが倍増するという事も意味します。HPも回復しませんから非常に思いペナルティと言えますので、できる限りニーアを愛ノ救イLv以外で戦闘不能にするのは避けたいところです。

ただし、今回はそのペナルティを逆手に取るという事なので、意図的にペナルティを発生させてしまいます。メリットはWiKiにもあるように、一発で防御下限に落とす、そして回復不可を逆手にとって背水維持をするという所です。

実際にTrialで試してみた動画を紹介します。
ニーアをデス召喚で落とすため、4番目に配置しています。
デス召喚の前に、1アビでフィールド付与、3アビでルリアに奥義2回発動の効果を付与しておきます。
デス召喚でニーアが戦闘不能になり、残執が付与されますが、サブからでてきたメンバーを含め味方全員に4ターン効果のあるTA確定が付与されます。残執の連続攻撃100%ダウンとデスのTA確定、どちらが強いか…というと、TA確定が勝るようです。
デス召喚
「必ずトリプルアタック」の信頼度は「信頼度★5個」よりも安心できますね。(何の話だ?)

今回は非ATでEX+を1ターンキルするのが目的なので、メイン召喚石には3凸黄龍を設定しています。その分攻撃力が下がるので(特に、私は方陣編成なので)、背水を最大限に活かすべく、サブからは水着ゾーイが出現するようにしました。

デス召喚後、ルリアを編成しているおかげで、もう1回召喚を行う事ができるので、5凸バハムートを召喚します。攻撃UPと奥義性能UPが目当てです。
その後、水着ゾーイのコンジャンクションでHPを1にし、必要なアビリティを使っていきます。この状態でレスラーのツープラトンを実行します。

通常、コンジャンクションの後にツープラトンを行うと、「吸収」の効果で攻撃した分に相当するHPが回復してしまい、背水が最大限に発揮できなくなってしまいます。しかし、今回は「残執」の効果でHPが回復しない為、ゾーイ以外はHPが1のままになります。(もっとも、ルリアは通常攻撃していないので当然ですが)
ゾーイは1アビのレゾリューションで「逆境」が付与されているので、多少HPが回復しても大きなダメージを出してくれる…はずです

ゲージも確定TAのお陰でたまるのですが、ルリアのみ攻撃をしないので80%しかありませんので、アビをどれか使っておきます。動画では2アビを使っています、…が3番目に配置しておけばそもそもアビ使わなくてもフルチェインできましたね

とにかくこれで準備は整ったので、奥義発動させます。ニーアの3アビの効果でルリアは高いダメージの奥義を二回発動させて稼いでいます。

結果、トータルダメージとしては3200万以上のダメージになりました。EXは1550万、EX+は2000万なので、十分以上のダメージがでています。
この動画で使っている武器編成はこちらです。
闇背水レスラー武器
課金ガチャ武器はリボンがありますが、水着ゾーイ使う前提なのであるものとして、それ以外はゲーム内だけで手に入るものばかりです。

とりあえず、これで表題の目標としてはクリアできたのですが、ターン制防御ダウンという事は、他にも有効な敵がいるかもしれません。例えば天司や、ダークラプチャーなど通常の防御ダウンが入らない相手であっても入る事になります。HPフル状態で使えば4ターンの間はTA確定ですし、一定の価値はあるかもしれません。

さて、トータルで3200万でているという事は、ここまでアビを重ねなくともEX+は倒せるという事になります。また、上記の編成まで揃っていない場合でも、ニーアさえいればEX+は難しくともEXはワンターンキルできる程度までは削れるのではないでしょうか。実験の為に、意図的に武器を減らして攻撃力を落として、同様の戦い方でどこまでいけるか試してみました。
武器手抜き
上記の編成(予測ダメはHP1時)で同じような戦い方をしてみました。
前述の様々な反省を反映し、ルリアは3番目に配置しています
武器の背水とアビの逆境が最大限で発揮され、もう少しダメージが伸びるかな?と思い、交替キャラをゾーイからハログレイに変えてみましたが、あんまり変化はありませんでした。

また、ツイート本文中にもありますが、ニーアを加入させられる程度頑張っている方なら、武器はもっと揃っているとは思うので、あまり意味を成さない実験かもしれませんが、あくまでも参考という事でご理解ください。

武器はメイン黄龍でサブバハにも関わらず、手に入れやすそうな方陣武器を主流にしています。武器は7本しかセットしていませんが、Rank補正やジョブLBなどの奥義ダメージUPやダメージ上限UPなどもあるので、この編成と同じでも同じダメージになるとは限りませんので、その点はご了承ください。

通常+方陣+EXという組み合わせは重要なので、「通常」にバハ武器、「EX」にゼノディア武器をセットしています。ゼノディアは11月8日から復刻開催されますので、真化は難しくとも2本は手に入ると思いますので、似たような編成にはできるだろうと思います。

今回は、ニーアもさることながら、水着ゾーイや、ハロウィングレイなど、キャラに依存しまくっていますので、汎用的な使い方というわけではありません。ただ、ニーアに限らずそのキャラの性能を正しく引き出せれば、色々面白い使い方ができるという一例にはなったかと思います。
WiKiでは色んな方がそのキャラの評価や情報を更新してくれています。中には今回のように、目から鱗な情報もあったりすると思いますので、新しいキャラが手に入った場合、WiKiの該当ページを参照してみるのも面白いと思います。


にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村