現在「ゼノ・ディアボロス撃滅戦」が開催されています。
今回で3回目の開催という事で、新しい六道武器が追加になってます。
ゼノディア槍完
取り合えず、1本は真化まで持って行きましたが、皆さんは順調に集まってますでしょうか。

今回は「六道武器って本当に真化しないといけないの?」とか「2本取らないとまずい?」に対する私なりの考えをまとめた、以前の記事を再度紹介しようと思います。

ちなみに、ここからの内容は、ゼノディアボロスのEXを何の苦労も無く突破できるような方々向けの内容ではありません。多少苦労しつつも、周回が楽しくてやってるという方にも関係ない話です。

あくまでも、「皆がゼノ武器は必要だって言うから、とにかく頑張ってる」という人向けの内容です。その点ご留意の上参照くださいますよう、お願い致します。
まず、そもそもゼノ武器(六道武器)ってのは何でしょう?

グラブルは、単に武器を集めて強化して、強い武器を編成すればダメージが増える…というものではありません。詳しい説明はしませんが、最低限覚えておいて欲しいものだけ簡単に説明します。

まず、グラブルのダメージは武器の攻撃力だけでなく、その武器の持つ「スキル」に大きく左右されます。スキルも攻撃力をあげるものと、それ以外の効果を持つものが複数存在します。
今回重要なのは「攻刃」と呼ばれる種類のスキルです。
攻刃スキル
攻刃スキルは(基本的に)剣のマークで表現されているスキルです。編成画面などで剣のマークがついているものです。上記画像の枠で囲った部分は、全て「攻刃」スキルです。
お気づきだと思いますが、枠を色分けしています。

白色:通常攻刃スキル
黄色:方陣攻刃スキル
青色:EX攻刃スキル

主に、ガチャで手に入る武器は、たいてい「通常攻刃」スキルを持っています。島マグナやシヴァHLなどから手に入る武器についているのが「方陣攻刃」スキルです。そして、イベントの報酬などで手に入る武器についているのが「EX攻刃」スキルです。
今回のゼノ・ディアボロス撃滅戦で手に入るのは「EX攻刃」スキルを持った武器になります。

ダメージの計算には、これら「攻刃」スキルのスキルレベル(上記画像では「SLV.XX」と表示されている)を、通常、方陣、EXそれぞれを加算したものを乗算して算出します。
(実際は、もっと複雑な計算がありますが、おおまかにそう捉えてください)

キャンペーンの無料ガチャや島マグナ、最近ではアニメ連動でのプレゼントなどで、通常と方陣武器は集まっている方は多いと思います。しかし、EX攻刃の武器はイベントをやらないと手に入りません。しかし、前述のようにダメージを増やす為にはEX攻刃武器は非常に重要な役割を持ちます。
ゼノ~で手に入る六道武器は、このEX攻刃武器の中でも最上位に位置づけられます。効果が「特大」となっているので、他のEX攻刃武器よりも効果量が高い武器と言えるのです。

ということなので、持っていない方はこの機会を逃さずに、是非とも六道武器を入手して欲しいと思います。ただし、どこまで頑張ればいいのか…について、私の個人的な見解を述べたいと思います。あくまでも個人的なものであり、界隈全体でみればかなり少数派の意見だという事はご承知おきください。

まず、以前書いたこちらの記事を紹介します。

記事にもありますが、手に入れて真化を目指せるのであれば、前述した通り非常に優秀な武器ですし、真化をする事でスキルレベルも15まで上げられるようになります。武器レベルが120になればメインで使った時に有効になる、新たなスキルも取得します。
しかし、真化するために必要なトレジャーは、初心者では簡単に集める事はできません。さらに真化させる為には、まず武器を4本集め(交換あるいはドロップ)て、3凸(上限解放3回)しなくてはいけません。EX戦をサクサク回れる人なら問題ありませんが、それが大変な方はこれだけでもかなりの労力になると思います。

そもそも、真化しないと使えないのでしょうか?それについても、過去に記事を書いたのでそちらを参照ください。

実は、これを書いた時と比べて、現在は少々状況が異なります。
この記事を書いた時は、まだそれぞれの六道武器は1種類ずつしかありませんでした。なので、2本武器を手に入れた場合、凸る(上限解放する)のか、並べるのかの判断に悩む場合がありました。しかし、現在は全ての属性の六道武器が2種類ずつ存在します。1本目の交換に必要なトレジャー数はどちらでも変わりませんし、どちらも交換で最大5本入手する事ができます。つまりどちらも3凸までは交換分で可能になっています。
記事中の、無印と真化の攻撃力の差は参考にして頂きたいとは思いますが、同じ武器が手に入ったら、まずは凸優先にすると良いと思います。

今回で言えば、六道・普天幻魔とアドヴォケイトを何とか頑張って1本ずつ交換し、その後は周回していく中で運よくドロップしたら上限解放していき、トレジャーが溜まったら交換し上限解放すると言ったやり方をしていくと良いと思います。
真化に必要なトレジャーは無凸1本手に入れさえすれば確認する事ができます。
真化素材
アドヴォケイトの真化素材も六道・普天幻魔と同じです。3凸してスキルレベルを10にし、武器レベルを100にしたら集めた素材を使って真化(真・普天幻魔、デモン・アドヴォケイト)する事ができます。真化素材の内、「ゼノ・ディアボロスの真なるアニマ」だけは、このゼノ・ディアボロス撃滅戦開催時にしか手に入れる事ができません。他のものはいつでも手に入ります。

真なるアニマは、ゼノ・ディアボロスのマルチ戦でしか手に入りませんが、開催期間中は高頻度で救援がでていると思いますので、そこに頑張って参加し、必要な個数を集めておくのも手だと思います。

開催期間中、特にATにかかる21時~22時頃は、ルームでゼノ~部屋を作っている方を良く見かけます。基本的にソロで倒せる方々が、トレジャーを集めるのが大変な方々向けにルームを公開しているのです。
ゼノルーム
戦力が足りないと言っても、多少なりとも殴ってくれれば時間短縮にもなりますし、主催者にもメリットがあります。なので、普通の救援では探すのも大変だし、せっかく入っても貢献度稼げなくて…という方にはもってこいだと思います。
ルーム/共闘というのは、特に初心者の方にはハードルも高いかもしれませんが、このゼノ部屋に関しては気にしなくても大丈夫ですので、奮って参加されるとよろしいと思います。

全て交換する場合、4本手に入れるまでに必要な真なるアニマは38個です。これに真化用の5個を加えた43個が、1種類あたりに必要な真なるアニマです。2本分となると、倍の76個という事になりますね。
少なくともそれだけ集めれば、後はソロEXを頑張って周回すればいいわけです。ただし、交換に必要な「妖魔の枷鎖」も、イベント開催期間中のゼノ・ディアボロス戦でしか入手できません。
妖魔の枷鎖
マルチかソロのHELLでドロップしますが、4本手に入れるのに必要な数は80個とやや多目です。2本分となると160個となり、かなり大変です。
しかも、マルチかHELL(Lvは70でもOK)でしか落ちませんので、上述のマルチルームで頑張るのも一つの方策だと思います。HELL70が倒せれば一番入手はし易いと思います。

見て来たように、真化をするにはかなりの労力が必要となります。本記事でも、紹介した記事の中でも何度か言及していますが、苦なく集められるのであれば、頑張って取得した方が良いのは確かです。ただし、紹介した記事内でのダメージの差なども考慮して、その労力に見合うかどうかは、是非ご自身で判断して頂きたいと思います。
単なる苦痛でしか無いのであれば、無凸1本ずつ交換したらさっさとやめて、他の事をやった方がいいと思います。辛いけどそれが楽しいという方や、次にいつ手に入るか判らない…という焦燥感を覚える方などは、頑張ってやった方が良いだろうと思います。
人それぞれ考え方も異なりますので、今回の記事を参考にして頂き、自分にとって最善が何なのかを考え、ご自身で決めて欲しいと思っています。

単にネットで「ゼノ武器最低でも2本」「真化しないと意味無い」などのキーワードを見かけ、それが強迫観念になりませんよう。あくまでも「ゲーム」です。楽しみ方は人それぞれで違います。人に言われたからやる…ではなく、自分が楽しむために何が必要で、どこまでなら楽しめるのかを是非見極めていただきたいと思います。

ここまで読んでいただき、頑張って集め用と思われた方はどうぞ頑張ってください。応援します。
今回はできる所まででいいかなーと思った方。その勇気を尊重します。その分やれる事(メインクエストなど)を進めて、次の機会に少し先を目指せるよう、準備を頑張って下さい。

ちなみに、真化したからと言って、それだけで劇的に強化されるという事は「ありえません」他にもやらなくてはいけない事があります。それらが揃うと徐々に強くなっていきます。繰り返します。
「真化したからと言って、それだけで劇的に強くはなりません」
時間は有限です。ご自身にとって最適な時間の使い方が見出せますように。

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村