闇古戦場、本戦が始まりました。わが団もBクラスでの本戦出場を果たし、とうとう準備してきた黒猫道士パーティをお披露目する日がやってまいりました!
どんな準備をしてきたのかについては、以下の記事をご参照ください。

ニーアも猫っぽいから、黒猫道士パーティにはピッタリですね。ついでにキャルちゃん入れとけば完璧なんですが…、イマイチ今回の編成にマッチしていないので見送りました

想定では高いダメージもヤバいデバフも黒猫道士の防御力UPは弱体耐性UPでしのぎつつ、ニーアやルナティックブルーム効果で高い奥義ダメージなどで低い攻撃力を補いつつ、HPを気にしないでストレス無く戦う…というものでしたが、さて実際はどうなったでしょうか。
HELL95に行くその前に、前回記事でEX+の肉集め用編成を「これだっ!」としたのですが…。
(詳細は以下の記事をご参照ください)

そこからさらに閃きがあって、最終的には次のような戦い方に落ち着きました。
具体的に、何を閃いたか…というと、デバフ(防御ダウン)をアビ以外でどうにかできないか?って事でした。それまでも、ルリアの奥義効果で多少なりとも防御ダウン(10%らしい)は入っています。
現状ではミストなどで25%防御が下がれば、十分討伐可能なダメージを出せる事は判っていました。だったら、後10%くらい何かで稼げばミストとか使わなくてもいけるんじゃないか?そう思ったのです。
だったら、奥義の追加効果で防御ダウン系のものがあれば…、「あれ?そういや麒麟剣ってなんだったっけ…」と不意に思いつきました。
麒麟剣SL16w
元々、麒麟剣は黒猫道士編成でも、ダメージ軽減の一助となるように作っておいた武器です。奥義の追加効果には「闇属性防御ダウン」がついてます。ルリアは召喚枠のようなので共存可能です。
効果量はレディグレイ1アビ(アニラ1アビ)などよりも上(麒麟剣で一方的に上書き)、エリュシオンのソング・トゥ・ザ・デッドより下(麒麟剣でNO EFFECT表示)なので、15%くらいはありそうですね。
という事はルリアとあわせて25%まで届いてる事になります。

また、麒麟剣は5凸してある為、これまでメインにしていた真・普天幻魔(4凸)よりもやや奥義倍率がいいはずです。そこにバハの攻撃UPや奥義性能UPバフがついているので、初撃のダメージは十分な威力になり、闇防御ダウンが入った後の2発目(永遠拒絶)のダメージもそこそこ出てくれました。ルリア奥義もバハバフのお陰で高いダメージが出ているので、トータルで2000万をクリアする事ができました。動画ではリミフェリ2アビを使用していますが、これはゲージ20%の為だけなので、ATや副団アビ中は不要です。つまり3ポチ1召喚でもクリアできます。ただ、攻撃隊長アビ中であってもバハ召喚やアーセガルは抜く事はできなかったので、最短でも3ポチ1召喚という事になりました。
まぁでもこれで40秒くらいで終わりますし、十分ですね。

個人的な意見ではありますが、これ以上短くなると回転数が速くなりすぎて、何かしながらとかできなくなります。TVや録画したアニメとか観ながらやろうと思っても、ゲーム画面見てる時間の方が多くなってしまい、そうなるともはやゲームというより「単なる作業」です。さすがにそれだと辛いので、これくらい(4ポチ1召喚)が丁度いいのかな?と思ったりします。

さて、ちょっと脱線が過ぎました。閑話休題。本筋に戻ります。
以前の記事で、ヨウHLを仮想HELLに見立てて戦闘してみた動画を掲載していますが、実際にアドラメレクLv95で試してみたいと思います。ヨウHLの時から、シスのバランス調整が入ったりして、多少戦い方を変えてみましたが、ほとんど以前のままでいけそうでした。ターン制防御UPが多少面倒なので、EXアビにはディスペルを持って行く事にしました。
これで実際にどうなったのか、動画を録ってみましたのでご覧下さい。

スキップ一切無しなので6分ちょっとあります。正直言ってダメージ重視してない黒猫道士で、スキップ一切せずに6分でケリがついたのは、思った以上に速いという印象です。というのも、黒猫道士は毎ターン開始時にブラックチャーム状態を付与するので、ただでさえ「遅い」のです。さらに今回ニーアが2回も復活してます
一旦戦闘不能になって、そこからフィアーガイスト効果(フェリ3アビ)で復活しているのですが、これまたエフェクトが長い。かてて加えて、わざわざデス召喚してシスを呼び出したりしています。これらのロスは結構大きいものです。それを加味すれば、6分で終わったというのは結構いい感じだと思ってます。(実際、スキップしながらだと4分前後になります)

ヨウHLに比べると、アドラメレクの方が多少硬いのか、通常時のダメージが思ったよりでていません。被ダメージも1発2000越えとちょっと痛い感じです。しかし、ハロウィングレイ1アビの吸収効果や、フェリ2アビの回復+活性もあって致命的なダメージには至っていません。ニーアが復活した時のHPがやや少なめなのですが、グレイ3アビのバリアとニーアが1アビ使用時に被ダメージ90%減というのがあって、ほとんどダメージを受けないので全く危なげなく戦う事ができています。
ニーアアビ
HELL100になると、もうちょっと違うとは思うのですが、HELL95では回復の必要はありませんでした。回復量ダウンやハレーションなどのデバフを喰らう事もありますが、うまくすれば黒猫道士の弱体耐性UPでMISSになりますし、かかったとしても大した影響も無いので無視しています。

黒猫道士はルナティックブルームを持たせている関係上、奥義も問題なく撃つ事ができているので、通常攻撃はやや心許ないものの、奥義ダメージに関しては十分及第点(自分基準)のダメージが出ているのでよしとします。

最後、黒麒麟が使用可能になるタイミングでフェリ3アビが3回行動を付与できるようになります。フェリ3アビをニーアに使った(開幕で使うと丁度ここで使用可能になる)後、黒麒麟を召喚してもう一度3アビでシスに3回行動を付与して、ニーアの2回奥義とあわせて一気にダメージを与える事に成功しています。動画ではうまいことシスの3アビで、特殊攻撃がミスになってくれましたが、ミスにならなければシス2アビのカウンターも発動できるので、どっちに転んでもOKという感じになりました。丁度25%時の特殊技に合わさると、6発×90万クラスのカウンターダメージを返すので、結構な破壊力です
(むしろ、3アビ使わずにカウンター狙った方がいいような気もする)
ハイラン最終形
最終的に今回のHELL95に挑んだ編成は、こんな感じになりました。ダメージが思ったより痛く無いという事もあり、麒麟剣ではなく麒麟弓を編成した、ハイランダー編成です。HELL100をやるなら、麒麟弓を麒麟剣に換えるかもしれませんが、95を回る間はこれで行く予定です。

さて、表題の「黒猫道士が躍動できたかどうか」については、自分としては「及第点」をあげていいと思ってます。もっと速度重視、ダメージ重視の編成を作って挑戦してみようか…とも思うのですが、それはまた意欲がわいたらという事にして、今回はこのまま黒猫道士を愛で続けようかと思っています。
それ以外にも、ニーアやリミフェリ、ハロウィングレイ、シスにルナール先生と、色んなキャラを存分に働かせてのプレイができていて、そっちもかなり満足しています。自分の持ちキャラの範囲で、できる限りの工夫をし、そこそこの結果が得られているのですから、やってて楽しいです
幸いにして(?)、本戦で凌ぎを削って上位を目指す…というような状況では無い事もあり、まったりと古戦場を楽しむにはこれくらいが丁度良い気がしています。目標としてはセフィラ玉髄交換(後勲章70個)と、フュンフ解放の為の五神杖を25本ゲットする事でしたが、どちらも既にクリアできているので、後は状況を楽しむのみとなりました。
どうやら初日の勝利は望むべくも無さそうですが、明日以降1回でも勝利できるよう、団の皆さんと奮戦しようと思っています。

今回の闇有利古戦場は準備から実戦まで、とても有意義に進める事ができた気がします。最終日を待たずして、なにやら不思議な達成感が得られた感じです

本戦残り数日ですが、皆さんもそれぞれの目標目指し、達成感が得られる事を願っています。お互い頑張りましょう

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村