6周年イベの「こくう、しんしん」と四象降臨が終わり、今日からはゼノ・コロゥ、ゼノ・ディアボロス撃滅戦が開催されています。
description_event_1
以前開催された、ゼノ・コキュートス、ゼノ・ウォフマナフの時も、フルオートでEXを周回するチャレンジをしてみました。

それに味を占めて今回も…。
しかも、光は比較的装備も整っているし、闇も最近図に乗っているので、そこそこ行けるのでは?と思って挑戦してみました。

今回、光と闇はどちらもソルジャーを使います。
クエスト
ゼノコロEXもディアボロスEXのどちらも、クエストは3戦連続になります。
クエスト1戦目
1戦目は3匹の雑魚戦。敵は全部弱点属性です。(コロゥの場合は光、ディアボロスの場合は闇)
クエスト2戦目
2戦目はエレメントが出現し、弱点属性は1体のみです。ただ、あまりHPは高くありません。

フルオートでソルジャーを使うメリットはいくつかあるのですが、まずはフルオートの仕組みからおさらいします。
以前、多少詳細に書いた記事がありますので、詳しくはそちらも参照してみてください。

普通のオートと異なるのは、通常攻撃する前にアビリティを使用する事です。
アビリティは以下の順番で全キャラ先頭から順に実行されます。
  1. 強化アビリティ
  2. 弱体アビリティ
  3. 攻撃アビリティ
誰か一人を指定して実行するようなアビリティは使用されません。全員分の強化アビが終わったら次は弱体アビ、そして攻撃アビを使っていき、全て使い終えたら通常攻撃を実施します。
この時、ターゲットは指定できません。

トータルで1戦しかないようなクエストであれば特に気にする必要は無いのですが、今回のように複数バトルが連続するようなクエストの場合、デバフを入れようとしても狙った敵に入れるのは困難です。上記の順番で実行されるため、弱体は敵を倒す前に使われてしまい、今回のケースでは1戦目で使われてしまいます。1戦目は果てしなく雑魚なのでそもそも無駄撃ちになってしまいます。

そこで、攻撃アビに防御ダウンなどを持つアーマーブレイクなどのアビリティを仕込んでおくと、うまく3戦目にデバフを入れる事も可能です。ただ、今回はデバフは無視しています。前回、ゼノ・ウォフマナフではそのあたり少し工夫してみたので、興味がある方は参照してみてください。


閑話休題。何故ソルジャーが向いているのかという話に戻ります。
ジョン・ドゥ弾
これはソルジャーのジョブ専用武器ジョン・ドゥに装填できるバレットの種類を表しています。1発目に装填できるのが「カートリッジ」です。このカートリッジには全体攻撃可能なバレットが含まれています。エンハンスシェルなどがそうなのですが、今回は威力がより高いアサルトシェルを使います。
アサルトシェル

エンハンスシェルは作成難易度は高いし、与ダメージUP効果が付与されれば、ダメージが5万UPする強力なバレットですが、付与率は50%程で、かつ効果は次の攻撃からなので、今回のような超短期決戦の場合は、威力が高い(ダメージ量が多い)バレットである、アサルトシェルを使った方が良いと思います。アサルトシェルとエンハンスシェル、ゼウス/ハデスポイントとコロゥ/ディアボロスポイントについてまとめた記事もありますので、こちらも興味があれば参照してみてください。


ソルジャーの1アビは「スリーラウンドバースト」で、アビリティでありながら実際は通常攻撃を行います。すなわち、ソルジャーの場合は装填された1発目のバレットを使う事になります。1発目に全体攻撃のアサルトシェルをセットしておくことで、ここで全体攻撃が発動します。
フルオートの場合、とにかく先頭から順番にアビリティを使っていく為、このスリーラウンドバーストが(攻撃アビの中では)最初に使われてしまいます。しかも、TA確定の為に普通のバレットだと3発消費してしまいます。
ソルジャーはバレットが無くなると只の人。リロードしたくともアビリティの「バレットリロード」は強化アビの為、攻撃アビより先に使われてしまい無駄になります。そこでできる限りバレットを節約する為にも、全体攻撃可能なアサルトシェルが有効というわけです。

さて、前置きがずいぶん長くなってしまいましたが、実際にソルジャーで挑戦してみた動画を紹介します。まずはゼノ・ディアボロスです。
通常のディアボロスであれば、一人でも倒し切れるのですが、さすがにゼノ・ディアボロスは格が違います。そこでお供にサーヴァンツを連れていく事にしました。
このメイド、ドロシーの2アビが主人公に対しての強化をするアビなのですが、キャラ選択をしないためフルオートでも利用可能です。そして、付与される追撃が50%と高威力なのに加え、スリーラウンドバーストとフルファイアどちらのアビリティも実質が通常攻撃の為、この追撃が有効となっています。すなわちダメージが1.5倍になるという事ですね。非常に強力なサポートです。アビダメージもそこそこ強力ですし、銃得意なのでソルジャーのお供には最適だと思ってます。

1戦目をアサルトシェルで一掃し、2戦目はツインサーキュラーで一掃しています。高威力の全体攻撃アビなので、フルオートの時は結構重宝します。
3戦目のゼノ・ディアボロスはアビ(フルファイア)と奥義、通常攻撃で倒し切っていますが、ダメージ足りなければお供を増やせばOKです。あまり増やすと無駄に強化アビなどを使ってしまい、時間がかかってしまうので、ロボミなど攻撃アビ主体のキャラを追加すると良いと思います。
光ソルジャー武器
今回の動画で使った武器編成です。天秤を使ったハイランダー編成になっています。シュヴァ剣も6本(5凸×3、4凸×3)ほどあるのですが、天秤使った方が地味にダメージ高かったりします
光ソルジャーバレット
今回の動画で使ったバレット構成です。威力重視なのでゴールドバレットではなくフルメタルジャケットをセットしています。

今回、ジョン・ドゥを使いましたが、光属性は1発目がカートリッジの銃が豊富です。
タケミナカタバレット
先日追加になった、光属性イルザの解放武器「タケミナカタ」はこんな感じです。6発目もカートリッジなので、スラッグショットなどの高威力バレットを装填できますね。
ロボミ銃
ロボミの解放武器「レールガン」に至っては全てエーテリアルバレットです
2発目以降にスラッグⅡとか装填すると、結構凄い事になると思います
他にも、5発ですがX'masマリーのセイントスタークラッカーも先頭から3発がカートリッジです。オメガシューターも先頭2発がカートリッジなので光で作った場合は使えると思います。持っている銃があれば、活用してみてください。

続いてゼノ・コロゥです。闇属性も銃は結構豊富です。アバターが落とすアビスルックが先頭がカートリッジです。同じくケルベロス・オーダーも先頭カートリッジです。しかしながら、どちらも5発銃です。そこで今回使ったのは、十二神将ビカラの解放武器「天干地支筒・子之飾」です。
ビカラ銃バレット
先頭から3発カートリッジなので、結構尖っていますね
装填したバレットはこんな感じです。
闇ソルジャーバレット
スラッグショットは威力がパなく高いので、できればⅡを2発作りたいのですが、今のところ1発しかありません。でももう1発作っておきたいですね

エーテリアルバレットは、本来ならハデスポイントにしたいのですが、上述リンク先にもあるように、単純な威力だけなら同じです。ただ累積属性攻撃UPが確率ではなく確定になるので、可能ならハデスポイントの方が望ましいです。…が、まぁ作るの大変ですからね

さて、ゼノ・コロゥ戦のお供はシスと水着ゾーイです。自分の環境では2人では削り切れませんでした。そこで背水の力を借りる事にしました。使った武器編成はこちらです。
背水フルオート編成
メイン加護は4凸セレスト、予測ダメージは5凸バハのHP1%状態の数値です。当初非背水の天秤編成で挑戦していたのですがダメージ足りず、コンジャクション使う事にしたので背水に寄せてみました。
ちなみに、グラシーザーは1本も持っていません

では実践動画を紹介します。
さすが背水というダメージが(クリティカル発動時は)出てくれます。動画ではボチボチですが、クリティカル時は全弾80万~90万のダメージがでてくれて、最後はシスワンパンで終わってくれます。

複数バトルがある場合、コンジャクションは案外有用だと思いました。
というのも、動画を見ればわかる通り、コンジャクションは1戦目の雑魚戦で発動してしまいます。コンジャクションはHPを1にするのと同時に、1ターンの間無敵状態、4ターンのHP吸収状態になります。
しかし、1戦目でコンジャクってしまうと、この無敵とかはどうなるのでしょう?
1、2戦目で通常攻撃をしてしまえば、当然そこで効果は終了してしまいますが、今回の例では1、2戦目はアビリティしか使っていません。そうなるとターン経過していない事になるため、無敵はまだ有効になります。
そのため、3戦目のゼノ・コロゥ戦まで無敵状態は継続し、ゼノ・コロゥが開幕で使うオリオン・ラダーもMISSになります。
無敵
この後削り切れずにアルヴェンなどを食らったとしても、そのターン中は無敵なのでMISSになってくれます。
ただ、この「無敵」は「無属性攻撃」に対しては紙より薄く、フラウン・ホーファーを食らうとおさらばですので注意してください

今回は、ある程度環境が揃っている人向けの内容になっています。武器などが揃っていないと、中々フルオートで攻略というのは難しいだろうと思います。であっても、ソルジャーの使い方など参考になるかもしれない内容もありますので、どうぞ自分の環境を見ながら検討してみてください。

ゼノ・コロゥで手に入る六道武器、フラマ・オルビスについては以前まとめた記事があります。

先日追加になった、ハウンドドッグの新リミアビ「タイム・オン・ターゲット」について、少し追記もしてみました。光でハウンドドッグ使う場合は候補に入るかもしれません。

それ以外も、過去に六道武器に関してはまとめた記事もありますので、興味があれば参照してみてください。

こちらは、どちらかというと初心者~中級者に向けての内容です。無理して真化させる価値があるのか?という観点の記事です。

できるなら入手も、真化も狙って欲しいので、今回のフルオートなどを駆使して周回して貰いたいと思いますが、無理をしてつまらなくなっては本末転倒です。ゲームなのですから、楽しめる範囲で頑張るのが一番だと思っています。

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村