突然の悲報(我々ファンにとっては)が飛び込んできました。

BanG!Dreamのユニット「Roselia」のベーシスト今井リサや、温泉むすめの下呂美月などを担当されている、正直「美人声優さん」の一人です。

初めて名前を見たのは、やっぱりRoseliaのベース弾いてるシーンですね。
vlcsnap-2017-05-15-09h59m34s564
アニメではなく、こちらのバンド演奏シーンで知ったという。声優でベースで、しかもチョッパー奏法ってなんだ!この人
っていうのが、ファーストインプレッションでしたね。

先日のアニサマの放送でも、派手にスラップしてました。
vlcsnap-2017-11-19-23h49m51s155
いい顔で、頭振りながらの演奏ですから、目立ちますよね。

vlcsnap-2017-11-19-23h52m19s66
ソロでもしっかり音出てたし、本格的な人なんだなーと思ってました。

つい先日、BanG!DreamのOVA版(合宿行く奴)を観て、いい声だし結構ちゃんとしゃべってたし、これから期待大だなーなんて思っていました。

そんな中でのこの発表ですから正直かなり驚きました。

ここからは、私の思いをつらつらと述べているだけです。やや長文になってますので、ご容赦を。

発表のメッセージの中に、以下の言葉があります。
環境の変化に身体が追い付かないと感じる瞬間が増え、体調不良が重なってしまうこともありました。
これを読んで、従前からの懸念が再び頭をもたげます。
最近の声優さんに、一体何足の草鞋わらじを履かせるんだろう?

ステージで歌える声優さんがもてはやされていた時期がありました。声優活動とは別にアーティスト活動をされている方々も多くいます。
でも、キャラクターとしてイベントなどで歌を披露するようになり、アニメと同じ振り付けで歌って踊る声優さんがでてきて(ラブライブ!ですね)、今度はバンド演奏をするまでに至りました。

しかも、一部の声優さんはこれを掛け持ちでやっています。

プロのバンドマンやアーティストの皆さんは、基本的にそのグループに専念しています。勿論、中には掛け持ちもいますが、ほとんどは専任です。別のグループとして活動する場合は、基本的に元のグループは休止したりする場合が多い印象です。それはつまり、それだけ集中しなければ満足のいくパフォーマンスができないと思う人が多いからだと思います。
人数が多いグループであれば、それらを補い合ってカバーするのでしょう。

しかし、昨今の声優アーティストさんたちは、そういうのお構いなしに、掛け持ちで年間いくつのステージ(イベントや冠ライブ含め)をこなしているのでしょう。

遠藤さんも、BanG!Dreamのイベントだけでなく、Roseliaのソロライブに温泉むすめのライブイベントなどを掛け持ちしています。Roseliaのキーボードやってる明坂さん、先日はWUG!のイベントもやってましたね。少し前は政治家アイドルとかもやってましたっけ。

他を見てみても、BanG!Dream関連だと、ポピパのドラム担当大橋綾香さんも、アイマスやソロ活動などを掛け持ちしていますし、東山奈央さんなんかは、ソロに加え、艦むす、アイマス、マクロスΔなど、一体いくつ掛け持ちしてんだ?って感じがします。

ミルキーの三森さんも、一時期はラ!にソロにバンガードとか色々やられていましたし、fripSideと兼任の南條さんは足の怪我で一部のライブには出演できなくなったりしました。

種田梨沙さんも、先日復帰こそされましたが、肝心のアニメの出演状況からするとまだまだ本格的とは思えません。(製作時期の関係で、ここから増えて行くとは思いますが)種田さんも一時期、複数のイベントに引っ張りだこでしたね。

こういう、イベントなどでしゃべれて、歌えて、踊れて、果ては楽器が演奏できて…という事になると、どんどん候補が絞られてしまい、一部の声優さんに負担が集中する事になるのが、以前からずーっと思っていた不安でした。

こういう活動を行うのは、勿論本人の意思もあるとは思います。
下衆な言い方ですが、単にアニメに声をあてるより、実際にステージに立ち、CDを出したりする方が、何倍も収入は多くなるでしょう。アニメだけでなく、吹き替えやナレーションで活躍できる方というのは声優さんの中でも限られてきます。
でも、多くの声優さん達はそういうことよりも、ファンが喜ぶから頑張りたいという気持ちの方がほとんどだろうと思います。製作サイドがその気持ちの上に胡坐をかいているんじゃないのか?という懸念がつきまといます。

プロデューサーの秋元さんが、声優アイドルをプロデュースしようとしています。WUGもスタートはそんな感じでしたね。一部では(自分もそう思っていましたが)、金の稼げる所への嗅覚は凄いな…と、やや批判的な印象ではあったのですが、この状況をみるにつけ、案外これが現状の救済になるのでは無いか?とも思うのです。

勿論、アニメ(やゲーム)の声優という以上、演技力が一番重要ではあるのですが、一部のファンはあまり重要視していないようにも思います。そういう方々向けには、主体がアイドルな声優さんを、新規に発掘していく方が、実力のある声優さん達が食い潰される自体を緩和できるのではないか?と思うのです。

今の多忙っぷりを観ると、前出の東山奈央ぼうあたり、大丈夫なのか?って心配になってしまいます。
くれぐれも、貴重な声優さんを使い潰す事が無いよう、業界の皆様も知恵を絞っていただきたいと、心から願っています。

最後になっちゃいましたが、遠藤さんお疲れ様でした。また次にやりたい事ができたり、戻ってきたくなったりする事もあると思いますが、ご自身で選択された道ですし、それに向けて精一杯進んでいかれますように。
冒頭で「(我々ファンにとっては)悲報」と書きましたが、ご本人(や周囲の方)に取っては、待ち望んでいた「吉報」かもしれません。ご本人の意思を尊重したいですよね。

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
ブログランキングにほんブログ村