先日(2020年12月12日、13日)に行われたグラフェス生放送等で発表された、各種アップデートなどの内容が今月号のこれグラとして改めて公開されました。
内容は色々興味を惹かれるものばかりですね!

ただ、今回は表題の通り来週月曜日(12月21日)に実施される、キャラ調整について個別に見ていきたいと思います。実際に使ってみた感想などは、十天衆の限界超越と共に後日改めて行いたいと思います。
ところで…。
25日から実施される「年年歳歳PREMIUM」の特別報酬にこのようなものがありますね。
pykigjd767
今年(2020年)の干支キャラ、十二神将の…本体?中の人?が貰えるとの事です。レア度は“R”
画像にも書いてありますが、その戦闘力は「若い猫」以下です!
若い猫
まぁお世辞にも強いとは言えないこの猫ちゃんよりさらに弱い…。それじゃ使えないじゃない
まぁ配布だし?使えなくとも愛でるだけでいいんじゃない?

いやいや、それだけではありません。慣れている方ならお分かりだと思いますが、まだあんまり慣れてない方は気付かれてないかもしれませんので、あえて説明します。

グラブルでは「異なるレア度のキャラ」の衣装などを“スキン”として着替えさせて使う事ができます。
ポーズ変更
こちらは、X'masマリー(SSR)ですが、マリーはR、SRも実装されています。画像の赤丸で囲った部分を選択すると、次の画面が表示されます。
ポーズ変更2
ここで、そのキャラ(ここではSSR)を使用時に表示させるスキンを選ぶ事ができます。マリーは全部で4バージョンありますから、その内好きなものを選べます。
選択できるのは、マイページなどの表示だけではありません。
ポーズ変更3
バトル中のキャラクターもそのスキンに着替えるので、その衣装で戦えるというわけです。

さて、耳なしビカラちゃんですが、彼女も同様に着替える事ができるようになるはずです。なので、陰ビカラファンの方は、ビッキーではない状態で戦闘する事ができるようになるわけですね
って…、残念ながら所持していない方はダメなのですが…。
例年通りであれば、十二神将キャラはプレイアブルな“SR”として配布されます。なので年末のイベントでもビカラは加入させられると思います。SRではありますが…。

誕生日には「ハッピーバースデー!」と普段とは異なるセリフをしゃべってくれるビッキーですが、陰ビカラになるとその辺りどうなるんでしょうね?

盛大に話題がそれたので、閑話休題。
本題のキャラ調整の話題に移ります。個々にそれぞれ見ていきたいと思います。
ejdn9pj44z
ユエル(火)は既に最終解放が実施されているキャラですが、特に2アビの追撃が全員に付与されることもあって、実装当時はかなり使われていた記憶があります。今も追撃は貴重とは言え、他にもいろいろと手段も増えてきたので、徐々にフェードアウトしていった気がします。
最近ではフルオート全盛という事もあって、正直この調整内容でもそれに対応していない印象です。(回復アビはフルオートでは発動しないので、3アビが死にアビになってしまう)

しかし、調整の説明を見て合点がいきました。
今回の調整は、そもそもフルオートの対象にならない「バトルV2向け」という事なのですね。
V2のバトルは、六竜HLやリンドヴルムHL、四象降臨の「四象瑞神」戦など限られたものしかありませんでした。しかし、先日追加されたレプリカルド・サンドボックスの各エリアボスは全てV2対応となっています。

V2の特徴として、敵の特殊行動は全てまず「予兆」から始まります。CTがMaxだったりHPなどがトリガーになったにせよ、まずこの「予兆」が表示されます。
例外はあるのですが、この「予兆」はなんらかの手段で「解除」(妨害と言ってもいいか)させる事が可能です。その解除方法は予兆毎に異なるのですが、例えば「アビリティで350万以上与える」とか「『強化効果を消去』を成功させる」とか様々です。そして「25回以上ダメージを与える」というものもあります。(六竜の「翠」あたりがそう)

通常攻撃すると1回ですが、ダブルアタックやトリプルアタックで数は増えます。4人なので4回が全員TAになればそれだけで12回ですね。これだけだとまだ足りませんが、「追撃」があれば、1回あたり2回のダメージを与えた事になるので、一気に倍の24回です。
今回のユエル4アビが「効果中必ずトリプルアタック/ターン進行時に攻撃行動を2回行う」に変わる事で、さらに追撃(2アビの効果)と合わせて6回のダメージが上乗せされる事になりますので、30回まで稼ぐ事が可能ですね!
とは言え、ユエル以外も全員TAにならないといけないのですが、他の調整内容もみると、ほぼ一人だけで完結してしまいそうです。

1アビが単体単発ダメージだったのが4回ダメージに変更になり、さらに「狐火」状態の敵には2回発動(すなわち8回ダメージ)となるので、ユエルだけで21回(2アビも1回分)ですので、他のキャラが全てシングルアタックだったとしてもトータルで27回になります。召喚ダメージもカウントされますし、当然他のキャラのアビリティもカウントされるので、30回くらいまでは何とかなりそうですね。

そう考えると、全部のバトルにスタメンで…という事にはならないかもしれませんが、ピンポイントでいくつかのV2バトルへ参戦という事は十分ありそうな調整内容だと思います。

3riinxxye4
エウロペ(水着)です。

うーん…、どうなんでしょうね?
星水が減らなくなる半面、スタート時の2追加が無くなります。
そうなると、現状は開幕で3アビを全体化させる事ができたのに、調整後はできなくなってしまいます。確かに一度5になってしまうと、6ターン毎に3ターンの全体TAを付与できるのは超強力なのですが、星水をためる為には初ターンから3アビを使う必要がありそうですし結局付与できるのは6ターン後という事になってしまいます。
サポアビの味方復活時に回復とクリアしていたのが無くなるのは、頻度から考えたらあまり使わないもののような気もしますし、調整後の方が活用できそうな気はします。

使い方として、スタートダッシュには向かなくなり、中長期戦での活躍はしてくれそう…とは言え、現状でも使い方次第で十分中長期でも使えそうなのですけどね?
何となく微妙な気がします。

z5udrebws3
ジークさまは結構変化が大きいですね。過去にも調整が入った記憶がありますが、最終で「防御大幅UP」になって、いくつかのデメリットが無くなって、純粋に強くなってきた印象ですが、ここに来て又変化しようとしています。

1アビのウーヴェが3ターンの水属性20%カットを付与するのですが、あわせて変転も付与するようになります。「変転」というのは、無属性以外のダメージを全て水属性に変化させるものです。なので元々ある「水属性カット」と非常に相性が良くなります。
ただ、普通は戦う相手が水属性なのですよね。この辺りは後で触れます。

2アビのマニガンスは攻撃大幅UP+防御UPから、逆境(HPを犠牲)に変わります。水ヴェインなんかと同じですね。さらに最終解放後の効果としてダメ上限UP、連撃UP、被ダメ軽減に加えて不死身まで覚えます
なんだこの超人
元々最終前には「防御ダウン」というデメリットがあったアビですが、それすらなくなりますから、最終せずとも頼もしいキャラになりますね。

それに3アビのデリリアムがモードゲージ吸収+ゲージUPだったのが、CTをリセットして奥義バーストに置き換わります。ただし、再使用ができなくなります。

サポアビもドレイン(与ダメに応じてHP回復)から、まるっと変わりますね。そしてさらにLv95で2つ目のサポアビを覚えるようになり、その効果が「ダメ1万固定+被デバフを2ターン短縮」というものになります。
ほとんどのデバフは3ターン(あるいは永続)なので、永続以外は1ターンになるという事ですね。元々1ターンのものはおそらく1ターンのままでしょう。(検証はしてみたいと思ってます)

こうしてみると、相当な変化なように思います。上で触れた「戦う相手は水属性」という話にも関わってくるのですが、どうやらもう少し高いレベルの敵と戦う事を想定した調整なように思えます。
最近の強敵と言えば、無属性で攻撃属性がランダムな敵が増えてきています。そうなると「変転」のように、一定の属性にしてくれて、かつ軽減があると凄く頼もしいと言えます。
また、3アビの効果からすると、CTが非常に多い敵に対して絶大な威力を誇るように見えます。

アルバハでは、とある区間でCTをMaxにしてしまうと、即バトル終了(全員失敗)になってしまいます。これを避ける為にはその区間を過ぎるまで手を出さないか、テュポーンの召喚効果でCTをリセットする必要があります。
ジークさんの新しい3アビはそのテュポーンと同じ事がキャラでできるようになります。テュポーンは1度、しかもそのタイミング以外で召喚できませんし開幕では使えない為、使えるようにするために9ターン回すか、サポ召喚石として指定するしかありませんでした。
ジークさんを編成して土属性で戦えば、その必要もありません。ジークさんをサブに編成しておいて、シリウス区間までに誰かと入れ替える(誰かに無属性シリウスをかばわせる)などすれば、より確実かもしれませんね。

もっとも、別にアルバハに特化しているわけではなく、全体的には強化されていると思うので、それ以外のバトルでも十分活躍してもらえそうです。

9g79czmju2
初登場時、グラブルのサーバーを落としたと言われる(実際落ちました)伝説の、水着ジャンヌにも調整が入ります。
昨今のシーズナルキャラに比べると、イマイチ「普通」な印象は否めない水着ジャンヌですが、どう変化するのでしょうか。

まず1アビの防御ダウン+風防御DOWNにディスペルが追加になります。現状6ターン(強化後は5ターン)だったのが、7(同6)ターンになります。5ターンでディスペル使えたら良かったんですけどね…。
2アビは大きく変わります。回復+ブロック効果(旧ガード)とストレングスを単体に付与するアビでしたが、自動復活などを付与するようになります。元々が4ターンの強化だったのですが、それは変化無さそうなので、かなりのバフですね。特に弱体無効が4ターン継続するのはかなり大きいと思います。
ただ、使用間隔が6ターン(Lv75で5ターン)だったのが、9ターン(同8ターン)となるので注意が必要です。ただ、やはり調整されるサポアビの効果で、奥義でこの効果が2ターン延長される為、4ターンの間に2回奥義が撃てれば実質永続となりますね。
そして、シエテがいればそれも普通に実現可能です。組み合わせて使いたいですね。
3アビも奥義ゲージ上昇量が倍(20%)になり、活性も追加になるので、上手く使って奥義を連発させて、強化の延長を狙っていきたい所です。

hchz5us6pd
マリー(クリスマス)は、多くないトレハン付与が可能なキャラの一人です。
元々、トレハンを除くとそれほど強力とは言えないキャラです。サポアビのトレジャーを拾ってくる効果も、アーカルムでは効果はありませんし、他のエリアでも貴重なトレジャーを拾ってくるというわけでもありません。
調整後の効果をみても、奥義で1アビが追加発動し、さらにトレハン付与のチャンスが増える…とは言え、その程度と言えばその程度です。2アビの特殊強化が4ターンなのに、追撃は50%が1ターンとやっぱり物足りないですね。1アビに光属性防御ダウンが追加されますが、効果量次第でしょうか。奥義で追加発動するなら、累積の方が良かったのでは?とも思います。
というわけで、ここまでではやや中途半端な強化に思えますが、最後のサポアビの「トレハン状態の敵に対し奥義性能UP」の効果量次第ですね。もっと言えば、これがサブ編成でも効果ありであれば、めちゃくちゃ有用キャラに化けるのですけどね…。
ただ、効果量に関しては要チェックです。反映されたら確認してみたいと思います。トレハンLvで変わるのか?についてもあわせてチェックしてみます。

5bssi6idsh
今回の調整の目玉になりそうなのがナルメアです。
ナルメアも過去に何回か調整が入っていますが、今回はその最たるものでしょう。

ナルメアと言えば、構えを次々と変える事で徐々に攻撃力が上昇し、強力な攻撃を繰り出します。反面防御力も下がり、構えを変える(1アビを使用する)ごとに数ターンのアビリティ使用不可のペナルティを受けてしまうのが、特徴と言えば特徴でした。
しかし、今回そのアビ使用不可のペナルティが撤廃されます。

ナルメアは神楽の構えの時に3アビを使用すると、相手がオーバードライブ状態なら強烈なダメージを与える事ができます。しかし、戦闘開始状態では源氏の構えなので、神楽の構えに移行する為に1アビを使用すると、他のアビが使えなくなってしまう為、大ダメージは次のターンにお預け…という状況になっていました。
これが、今回の調整で1ターン目から神楽の構えで3アビを使う事ができるようになります。その為、最初から大ダメージを与える事ができます。しかも、従来オーバードライブ状態の敵にしか有効でなかった「攻撃大幅UP」が、2アビで付与される特殊デバフ状態の敵に対して…と変更になる上、最終解放で追加になる4アビの使用可能ターン条件が撤廃される事により、神楽の構えに移った後にTA確定と防御DOWNが同時に効果を発揮させる事も可能になりました。
他にもディスペルガードが常設とか、デバフ相手に反射確定とか、もうテンコ盛りですね

再使用ターンが増えたというのも無く、完全にバージョンアップという形ですね。X'masバージョンのナルメアの強烈な強さにひけを取らなくなりました。1アビ以外の再使用間隔が全て6ターンに揃うので中長期で使っても取り回しが単純になって、扱いやすくなりますね。普通にメインでガンガン使っていけるキャラになりそうです。

ixu435yyak
グラブルバーサスにも出陣した十天衆筆頭のウーノにも調整が入ります。
とは言え、十天衆に関しては限界超越が待っていることもあってなのか、大きな変更は見られません。

サポアビの開眼者のいわゆるガッツ効果が「不死身効果」に変わりますが、これはバフと用語の差だけで、同じものを指すのだろうと想像します。さらに瀕死時(不死身で生き残ったターン)に全回復の効果が追加になります。
また、発表時に疑問に思ったのですが、3アビの城郭の構えに、全属性100%カットに「加えて」火属性ダメージ100%カットが追加になります。意味があるのか?と言うのが疑問だったのですが、説明を見て納得。そういえば最近「全属性ダメージカット無効」とか言う、わけのわからない特殊技が出てきてましたね
そういう敵に対しても鉄壁の防御を示してくれるというわけでした。成程納得です。

地味ではあるのですが、2アビの刹那の閃きで付与されるカウンター効果が3ターン有効になります。自分は主にウーノをシルヴァを編成した際のサブとして編成しています。シルヴァ4アビで3ターンの間ポジションを入れ替える事ができるのですが、この調整で呼び出している3ターンの間、カウンターが有効になります。
刹那で攻撃大幅UPさせ、OD中なら1アビで大ダメージを、敵が特殊技を使う状況なら3アビで防御…と1ターンで3つのアビ全てを使いたいケースは、実は結構頻繁に発生しています。
相手の特殊技では回避カウンターは発動しない仕組みな為、このような状況で刹那を使うとカウンターが無駄になってしまいます。でも、今回の調整により少なくともカウンターは(ダメージ量は別にして)有効に使えるようになるのでは…と期待しています。
限界超越でさらなる強さが見られるのでしょうか?まだ1段階ではありますが、楽しみですね。

6jcswfdnhh
最後にソーンを見てみます。
こちらも限界超越が待っているせいなのか、地味な調整内容です。

まずは1アビの回避が「1ターン」から「1回」に変更になりました。どう違うのか?という疑問もあるでしょうけれど、ソーンの場合、敵が麻痺や睡眠で行動不能になっているケースは結構あると思います。しかし同時に付与される攻撃アップやアビダメUPも欲しい場合、回避(1ターン)を棄てて使うしかありませんでした。この調整で敵が行動可能になった際に攻撃を受け、それを回避できるようになるので、1アビを使いたいタイミングで使えるようになったと言えます。現状のLBサポアビが、回避時に全体ダメージ(3アビ、クリンチャーと同等のダメージだったかな?)というのがありますが、回避を明示的に狙えなかった事もありセットしていませんでした。この調整と限界超越でひょっとしたら日の目を見るかもしれません。
2アビのディプラヴィティで付与されるデバフが強化されるのも地味ですが有り難い調整です。特に攻防ダウンが「片面15%ずつ」だったのが「25%ずつ」になります。これでミストと合わせて下限まで持っていく事ができるようになります。命中率も90%という事で、従来の65%(WiKiによる)に比べるとかなり高くなります。これまでは保険程度で、別にアマブレなどを持っていく事も多かったのですが、これで主人公のアビ枠が1つ開けられるかもしれません。
ソーンも限界超越がどうなるのか、楽しみですね。

限界超越に関してはまだ全貌が明らかになっていません。
etx246hegr
1段階目(Lv110)では、奥義が強化され、LBが追加され、強化上限数が増えるとの事です。今後最終的にはLv150まで段階的に増えていきますが、今後はレベルやLB数だけなのか、新たな強化があるのかは、現時点ではまだ不明です。
解放条件は図にあるような4種類ですが、①~③はともかく、気になるのは4個目の「新たなトレジャー」ですね
また天星器を砕かなければいけないような手間がかからない事を祈ります
(でも、簡単なものでは無いでしょうね…)
w3ehp3mrar
キャラの調整と同じく、来週(2020年12月21日)のメンテで、まずウーノとソーンの限界超越1段階目が解放されます。その後、順次天星器の番号順にキャラとLvが解放されてゆき、2021年の8月に10人全てがLv150まで限界超越が解放されるというスケジュールになっています。
かなり先ですが、ある程度準備(心も)できるのでそれはそれでいいかもしれませんね

長々とキャラ調整について見てきました。実際に公開される際にはさらに調整が入るかもしれませんが、どれも興味深い調整内容でした。一部確認してみたい内容もありましたので、実装後に確認して、又報告したいと思います。

ナルメアについては、正直ポチ数は多くなりますが、強くなりそうなので本当に楽しみです。メンテ明けが待ち遠しいですね

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村