グラブルのアビリティ逆引きサイトに、ソシエ(水属性)の最終上限解放のデータを反映しました。

現在水有利古戦場が開催されていますが、そんな中ソシエの最終上限解放が行われました。
詳細は上記公式サイトにありますので、そちらも参照ください。

まず、上限解放にあたって、いくつかのアビに調整が入っていますね。従来1アビは単体回復等で奥義後に全体化していたのですが、それが最初から全体化されました。奥義後は特殊なバフ「夜凪の儀」が付与され、敵の特殊技に反応して1アビが自動発動するように変更されました。
ちなみに、発動するタイミングは敵が特殊技を使った直後であって、ターン終了時ではありません。
また、サポアビがDA確率UPだったのが、やはり敵の特殊技時に全体の奥義ゲージが20%上昇するようになりました。1アビの活性などともあいまって、奥義ゲージ加速への貢献度は高くなりましたね。

その上で最終上限解放が行われる形になります。
当サイトで検索すると、ソシエは次のような画面(PC版)になります。
ソシエ上限解放
奥義は上限解放直後に変化し、幻影効果が追加になります。最近の古戦場ボスは通常攻撃が全体攻撃となっているケースも多く、今回の赤兎馬も然りです。ですから幻影がうまく作用しませんが、恒常の他の敵であれば有効だと思います。ダメージを喰らわなければ活性でゲージも稼げるので、被弾しないようにするという方向性は良いと思います。

最近のトレンドとして、フルオート対応がありますが、ソシエの場合は前述の通り1アビが自動発動するようになったのが1つの対応結果ですね。通常、回復アビ(上図の緑色のアビ)はフルオートでは発動しませんが、自動発動する事でアビ自体が死ぬ事はありません。
フルオートでどんなアビがどのような順番で発動するかなどは、以前書いた記事が多少参考になると思いますので、興味のある方は参照してみてください。


今回の最終上限解放で変更があったというわけではありませんが、ソシエのLBサポートアビリティは「(ソシエが)回復アビリティ使用時に連続攻撃確率UP」という効果です。回復アビつまり1アビを使うとDA/TA確率がUPするのですが、残念ながら敵の特殊技に反応して自動発動した場合には効果が発揮しません。フルオートで使うと1アビは絶対に発動しませんから、フルオートでしか利用しないというのなら、LBサポアビに☆を振る必然性はありませんね。他に回してもいいかもしれません。

元々、ミスト相当の攻防デバフと回復に追撃やスロウなどを持った、バランスの良い支援キャラという感じだったと思うのですが、バランス調整と最終上限解放でさらにそれが強くなったという印象です。

デバフ面では攻防DOWNに加え、狐火の付与(DoTと暗闇効果)や特殊攻撃ダメージDOWNと累積の攻防DOWNまで追加になりました。
累積攻防DOWNは2アビの2回目以降の使用時に発動し、累積2回で上限になるとの事なので、最大の効果を発揮するには時間がかかります。それでも、一人で45%まで下げられる(基本的な最大は50%まで)のは大きいと思います。また、昨今の古戦場ボスは途中でデバフリセットが多いので、仕切り直し時には既に2回目になってる事も多く、そこまで気にする必要もないかもしれませんね。
また「累積」枠な為、他のキャラの累積系デバフと共存します。完全に把握しきれていませんが、累積系のデバフは、異なるキャラの効果も加算されて発動すると理解しています。ですから、例えばリリィ2アビや、ヴァジラ1アビ、リーシャ2アビなどの累積系のアビと合わせて使う事で、一気に下限まで持っていく事も可能です。水着ユエルは水属性防御DOWNと火属性攻撃DOWNを持っているので、さすがに相性も抜群ですね

3アビに追加になる「特殊技ダメージDOWN」も中々強力です。
ソシエ特殊技ダメDOWN
上の図は、赤兎馬の特殊技ダメージが、デバフの有無でどう変化したかを比較したものです。攻撃DOWN系のデバフが入っていない素のダメージが左側で、攻撃DOWNやこの「特殊技ダメージDOWN」が入った場合のダメージが右側です。およそダメージが半減していますね。単体では20%減くらいとの事らしいですが、他のものとあわさると結構ダメージが減ってくれます。
効果時間が4ターンで再使用間隔が5ターンなので、うまく使えばかなり生存確率もあがるのでは無いでしょうか。

ソシエサポアビ
変更になった分と、Lv95で追加になるサポアビは、どちらかというと攻撃面でのサポートです。敵の特殊技にあわせて全体が20%の奥義ゲージ上昇というのはかなり美味しいですね。また、狐火状態の敵を殴った際に得られるゲージの上昇量が10%UP(ゲージが10%UPではなく、上昇量が10%UP。つまり1回殴ると10%だったのが11%になる)というのも、地味~に嬉しい効果です。
何故かというと、どうやらこの上昇量効果は他の同類のものと重複して発動するようです。例えばイシュミールの3アビでも、自身のゲージ上昇量がUPしますが、狐火状態の敵を殴ると(ソシエがいれば)さらにゲージが上昇します。ヴァジラの奥義追加効果もさらに加算されるので、うまく組み合わせれば結構なサポートになると思います。

Screenshot_20210410_091100
回復面で見ると最終上限解放では特に変化なく(単体か全体化の差はあれど)、自動発動に変化した事でフルオートで使えるようになった程度ではあるのですが、同じような用途(特殊技に合わせて自動発動する)として考えられるリリィと比べてみても、回復量に関しては遜色ないどころか上回っています。
Screenshot_20210410_091342
上の回復量(3100)は、LBを全振りし指輪でも15%上昇した値ではあるのですが、同じく回復性能★3×3を振っているリリィの回復量(2400)を上回っていますし、さらに活性もついているので、単純な回復性能だけで見ればソシエの方に軍配が上がります。ただ、リリィの場合は「クリア」がついているという絶対的なアドバンテージがありますね。
ソシエは、活性と追撃がついているというので、単純な比較はできませんが、使いたい局面に合わせて起用を選択するというのが手かもしれません。ダメージが辛い相手であるなら、同時に起用するのもアリかもしれませんね。

ソシエは「活性」や「通常/特殊技ダメージDOWN」などで検索するとHitします。追撃や回復は候補が多くなりすぎるので、属性や種族などを適宜指定して、絞り込んでみてください。
ソシエ上限解放検索結果
まだまだ古戦場は始まったばかり。編成の検討のお供に、是非このサイトを活用してみてください。

にほんブログ村 ゲームブログ グランブルーファンタジーへ
ブログランキング
にほんブログ村